« ススキ箒をアップ | トップページ | かいぼりをアップ »

2021年4月26日 (月)

毛鉤を巻く

Img_6205

 ヤマブキの花が咲くとヤマメが瀬に出てくる。渓流釣りの世界ではそう言われている。先日、用事があって秩父に行った時、道端のヤマブキが黄色の花を満開にしていた。それを見て「ああ、釣りに行きたいなあ・・・」と思いながら車を走らせていた。

 

Img_6188

 

 三度目の緊急事態宣言が発令された。5月11日までは出かけるのを控えなくてはならない。こうなると釣りに行きたい気持ちを毛鉤巻きに向けるしかない。
 今年、いや、来年使用するであろう分まで毛鉤を巻こう。フックはガマカツの12番、ボディは白のハックル、茶のエルクヘアーをウイングにしたブラウンエルクヘアカディスが唯一の毛鉤。

 

Img_6189

 

 昔はフライフィッシングをやっていた関係で様々な毛鉤を巻いた。今でも毛鉤ボックスに沢山残っているが使うことはない。使うのは12番のブラウンエルクヘアカディスのみになってしまった。
 なぜかと言うと、これが一番釣れるから。40年以上釣りをやってきてたどり着いたのがレベルラインテンカラと言う釣り方。ドライフライで水面勝負の釣りになる。視認性の良さと浮きの良さでこの毛鉤にたどり着いた。実に良く浮く毛鉤で実に良く釣れる。
 

Img_6191

 
 当然ながら条件が合わない時は釣れない。でも、無理に釣りたいとは思わなくなった。この毛鉤に出てくれる魚だけを相手にする。昔は釣るために様々な工夫をしたが、今はもうしない。
 割り切ると不思議なもので、毎回釣れるようになった。Uターンされることは毎回だが、それも魚との勝負だから諦めも早い。次へ次へと渓流を遡る。
 
 渓流を歩き、魚を釣って放流する。一尾でも釣れてくれれば満足する。渓流で遊ぶというか、魚に遊んでもらうというか、そんな1日が本当に楽しい。
 ああ、釣りに行きたい。行けないと思うと本当に行きたくなる。

 

 

 

 

« ススキ箒をアップ | トップページ | かいぼりをアップ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ススキ箒をアップ | トップページ | かいぼりをアップ »