« 空師をアップ | トップページ | 東北釣りの旅その2 »

2020年7月 1日 (水)

東北釣りの旅その1

Img_5077

 6月25日朝、秋田に向かって朝7時半に家を出た。行先は仙北市のクリオン。毎年行っている西木町での交流が目的だ。明日から釣りを二日間予定しているのだが、天気予報は二日間とも大雨。今年の初釣りが大雨かよ・・と気分が上がらない。
 上河内SAで宇都宮餃子の朝食セットを食べて、気持ちも新たに北上する。福島から東北中央自動車道へと進路を変える。ここ数年、この道を使って秋田に向かっている。なぜなら高速料金が安いから。一般道も走るので気分転換にもなるし、途中で釣りをすることもできる。
 

Img_5080

 
 北上し、新庄から一般道を走る。金山で午前10時。釣り券を買って4時間ほどの釣りを決める。ダム上流の道路沿いの川に入る。上流からフライマンが二人降りてきたの聞くと「釣れないね〜」とのこと。まあ、なんとかなるだろうと入渓。そこから綺麗な川を遡上すること4時間。ヤマメが四つとイワナ一尾が遊んでくれた。渓畔林の綺麗な川で、魚が釣れなくても遡行しているだけで楽しい川だった。秋田に行く前に釣りをしたのは初めてだったが、この方法もいいなと実感。明日から雨が降るので、その前に釣りができて大満足。

 

Img_5085

 

 クリオンに着いたのは6時。すぐに温泉に入り、レストランかたくりで夕食。従業員の方々も皆さんマスク姿で新型コロナ対策は万全だ。こちらも食べる時以外はマスク姿で移動する。

 

Img_5093

 

 26日朝。夜半から雨の音が激しかった。起きて窓を開けると大雨だった。朝風呂に入ってテレビを見ているが天気予報は一日大雨と言っている。ネットで雨雲レーダーを見ると10時半から止む予報になっているので、思い切って雨の中を出かける。
 上桧木内の紙ふうせん館によって天ぷらそばを食べる。食べている間に雨足が弱くなってきた。目的の川に行き、小雨の中で着替えて入渓した。ところが、普段はチョロチョロ水の川が茶色い濁流がものすごい勢いで流れている。これは予想外だった。渇水しているはずだったので一晩降ったくらいでは多少の増水だろうと思っていたのだが、全く違った。勢いある濁流に遡行も困難だし、何より毛針を振る場所がない。しばらく遡行して見たのだが、全く釣りにならないのでそのまま脱渓するしかなかった。

 

Img_5095

 

 沢山さんの「一助そば」に行って昼のそばを食べる。久しぶりの再会に奥さんも交えて話し込む。新型コロナの影響は田舎ほど大きいと嘆いていた。緊急事態宣言の日からいきなり観光客がいなくなった。観光バスも全く走らない。元に戻るのはものすごい時間がかかるだろうと嘆く。東京の人間よりも影響が大きいという真剣な言葉が胸に刺さった。

 

Img_5097

 
 午後は目的の一つだったマスクのゴムを買いに走る。東京では今、マスク用のゴムをどこにも売っていないのだ。西木の雑貨屋さんに入って聞くと、やはりマスクのゴムはない。これならあるけどと出してくれた10ミリ幅のゴムを買う。
 角館市のホームセンターと百円ショップでもマスク用のゴムはなかった。車を走らせ、中仙市のイオンに向かう。イオンの中にあった手芸用品店は閉店していたが、新しくできた店内百円ショップになんとマスク用のゴムを売っていた。ここまで来てやっとゴムを買うことができた。ありがたい。これで家に帰ってマスクを作ることができる。これにて本日の作業は終了。

 夕方部屋で休んでいると沢山さんがやって来て「飲もうよ」という話になった。みんなが揃う前だったが「かたくり」に行って二人で飲み始める。しばらくすると高橋さんと野中さんがやって来た。賑やかに挨拶しているうちに加藤さんとイナさんが合流。最後に布谷さんがやってきて全員集合。宴会が始まった。一年ぶりの再会に話が弾む。話はもっぱら新型コロナの話が中心だ。みんな様々な苦労をしている。生まれて初めての事態なのだから仕方ないことだ。しこたま飲んで話して4時間。楽しい時間はあっという間に過ぎて行く。

 

Img_5103

 

 27日朝。小雨が降っているが、昨日の雨ほどではない。朝食を食べ、車で阿仁へと向かう。毎年楽しみにしている川なのだが、今日は果たして釣りができるだろうか。途中で雨が激しくなったり、日が射したりと変化の激しい天気だ。いつもの場所に車を止めて身支度をする。雨が今にも降りそうな空模様。降ってもいいように万全の準備をして入渓する。

 

Img_5114

 
 いつもより大増水しているが、釣りにならないほどではない。仕掛けを目の前に投げるといきなり反応があってヤマメが釣れた。第一投で釣れるなんて最高の気分だ。その後上流へと遡行する。1時間ほどで五尾のヤマメを釣ったのだが、その後濁りが入ってから釣れなくなった。場所を工夫して二尾のイワナを追加したが、増水が激しくなって来た。渡渉するときに流されそうになること二回。もうこれ以上は危険と判断して脱渓した。道路に上がって見ると、いつもの場所の三百メートル下流の場所だった。すぐに車に戻って着替える。着替え終わったところに土砂降りの雨が来た。全く前が見えないような雨だ。いい時間に脱渓できた。時計を見るとちょうど12時だった。

 

Img_5116

 

 道の駅「阿仁」で一休みする。そこのパンフレットを見て「マタギ資料館」へと向かう。マタギの湯の横にあるのだが、湯には入らず、資料館だけを見る。愛読書の「邂逅の森」のマタギに興味があり、確かめたいことがあったからだった。資料館はありきたりで、特に目新しいものはなかったが、わらだの本物が見られたのは良かった。資料館よりも休憩所にあった矢口高雄のマタギ漫画の方が良かった。時間を忘れて読みふけってしまった。

 

Img_5125

 
 5時、クリオン帰宅。すぐに温泉に入り、部屋で休む。そこにひらり〜さんが到着。腰が痛いと言いながら温泉に向かう。加藤さんイナさんも帰宅。雨の中でもずっと釣りをしていたらしい。すごいもんだと感心する。6時から「かたくり」で夕食。布谷さんが今日もお酒時持参で来てくれた。楽しい飲み会が始まった。

 

 

 

« 空師をアップ | トップページ | 東北釣りの旅その2 »

コメント

kurooさん、先日はありがとうございました。
日曜日集落の水路草刈りがあり、ご一緒出来ず失礼しました。
次回を楽しみにしています、コロナウイルスまだまだ心配。
ご自愛下さい。


野中さん こんにちは
大変おせわになりました。日曜日は我々も参加を遠慮しました。東京から来た人間として色々気を使う旅でもありました。早く、何も気にしないで釣りに行きたいものです。次回は9月の19日・20日になるかと思います。またよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 空師をアップ | トップページ | 東北釣りの旅その2 »