« 2020年3月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年4月

2020年4月13日 (月)

「秩父イワナを守る」をアップ

Photo_20200413113401

 ホームページの山里の記憶コーナーに「秩父イワナを守る」をアップした。新型コロナによる外出自粛中のため取材に行けず、2年前から宿題になっていた絵を描いたものだ。

 荒川水系渓流保存会の会長だった須崎武男は小鹿野高校の同級生だった。2年前、65歳の若さで急逝した。急な訃報だったので葬儀には出られず、後日、同級生五人が集まって偲ぶ会を行った。
 須崎とは長い間保存会の活動を共にして来た。私は保存会の広報担当として会報の制作やステッカーやポスターのデザイン・制作などを担当していた。もちろん、飼育池での作業やイワナ調査などもやっていた。これは、会員として会長の業績を描く事であり、同級生として友人として敬意と感謝の念を込めたレクイエムを描くことだった。

 

Photo_20200413113402

 

 私が保存会に入った時、会長は小鹿野高校同級生の久保昇だった。副会長の新井さんや関口さんが中心になってヤマメの飼育と放流をやっていた。私が森林ボランティア団体・瀬音の森を立ち上げ、安谷川の清掃イベントをやった際にヤマメの稚魚放流を手伝ってくれたのが保存会の新井副会長だった。子供達が嬉々としてヤマメの稚魚を放流している姿が目に焼きついている。
 その後、久保から会長を引き継いだ須崎が自分で工夫しながら秩父イワナの飼育を始めた。秩父イワナの飼育は本当に難しかった。その大変さは須崎がよく話してくれた。
 今回描いたのは秩父イワナの飼育に奮闘していた須崎の姿だ。10年以上前の話を紙面の都合もあって簡単に書かせてもらった。

 

Img_4850

 

P1020523

 

Img_3499

 

 私は東日本大震災の後、「山里の記憶」に専念するために保存会を退会した。だから須崎の最後の姿を見ていない。絵にするに当たって、会員の方々から写真を送ってもらったり、昔の広報を読み返したりした。様々な思い出がよみがえり、懐かしさに手が止まることもあった。
 山里の記憶シリーズに同級生を描くことに少し抵抗があったのだが、千島さんや吉瀬さんの「是非描いて欲しい」という声に押されて描く気持ちになった。考えてみれば自分も67歳になる訳で、少しもおかしい事ではない。

 

 須崎が世を去って、新しい保存会会長には関根さんが就任した。千島さんや吉瀬さんが脇を固め、新しい保存会の活動が始まっている。在来イワナの保護活動が中心になっているようだ。保存会の今後の発展を祈っている。

 

 

 

 

2020年4月 8日 (水)

緊急事態宣言

Img_4829

 4月7日、東京都を始め7都府県に緊急事態宣言が発令された。
 期間は5月6日まで。
 
 さて、日本人として規律・自覚・忍耐が試されている訳ですが・・・
 
 やってやろうじゃないですか「外出自粛」5月6日まで。

 

Img_0099

 
 
 この際だから「外出自粛」一ヶ月計画。
 
●この際だから断捨離
 家の中にある物を断捨離する。まあ4日か5日あればなんとか出来そう。雨の後の草むしりとか、家中の窓の掃除とか色々やることは多いなあ・・・

●この際だから料理三昧
 夜の料理はずっと作っているのだが、この際だから手間のかかる料理に挑戦してみようかと思う。黒豆を煮たり、羊羹を作ったりするのも楽しそうだ。太るという後遺症が心配だが・・・

●この際だから絵を描く
 取材に行けないので、宿題になっていた絵を描く。

●この際だから小説を書く
 途中まで書いていて途切れていた小説を何とか書き上げたいが、時間が足りないか?

●この際だから毛鉤を巻く
 毎朝、朝食の後30分を毛鉤巻きタイムとする。1日5個巻けば30日で150個の毛鉤が巻ける。まあ、5年分くらいは巻けそうだ。兄や加藤さんからも頼まれているので、この際に巻こう。

Img_4846

 

Img_4848

 

●この際だから体を鍛える
 毎日、腕立て伏せ50回、腹筋100回をノルマにする。二日に一回のジョギングは黒目川6キロコース。気分転換の木刀素振り100回。NHKでやってた、くねくね体操とガニガニ体操。これきちんと続けたら結構な運動になるんじゃ・・・

●この際だから刃物研ぎ
 家じゅうにある刃物を研ぐ。雨の日にじっくりやりたい作業。包丁、ナタ、ナイフ、鉋の刃などをじっくり研ぎたい。

 

 

 

 

« 2020年3月 | トップページ | 2020年6月 »