« FM秩父に出演します | トップページ | 立ち臼作りをアップ »

2020年3月15日 (日)

「ちちぶエフエム」出演終了

Img_4830

 3月15日、「ちちぶエフエム」の生放送に出演して色々話して来た。放送30分前に局に到着し、打ち合わせに入る。パーソナリティーの山中さんと挨拶をして話し始めたら、なんと「私の祖父と祖母を描いてもらっているんですよ・・」と驚きの展開。聞くと「十文字小屋」の取材でお世話になった山中さんのお孫さんだった。こんな展開は予想していなかったのでびっくりだった。
 

Img_4832

 

Img_4833

 
 新しい放送局なので内部がどんな感じなのか興味津々だった。壁一面にCDが並び、放送を聴きながら次の準備をしている。パーソナリティーが交代しながら新しい情報を届けているのが目の前で見られ、みんなで放送を作っている熱意が感じられた。
 若い人たちがこうして新しい事にチャレンジしている姿は本当に素晴らしい。影ながら応援したいと思った。「ちちぶエフエム」が長く続いて、秩父の文化として定着するように育って欲しい。
 

Img_4834

 

Img_4836

 
 生放送は何度か経験しているので、特に緊張することもなく普通に話すことができた。山里の記憶を始めるきっかけ。山里の記憶をやっていたからこそできた東日本だ震災での「面影画」ボランティアの話。昨年見た映画「空の青さを知る人よ」で感じた山里の記憶への思いなどなど、過不足なく話すことが出来たと思う。パーソナリティーの山中さんが上手く話を引き出してくれたので、とても楽に話すことが出来た。さすがだなあと感心した。
 

Img_4839

 

Img_4841

 
 秩父の良さを秩父の人はあまりわかっていない。むしろ、外にいる人の方が秩父の良さをわかっているのではないか・・・そんな思いを伝えたかった。
 自分が何を話したかはあまり覚えていないのでカミさんに聞くと「まあ、良かったんじゃない」という答えだったので、良かった事にする。

 

 

 

 

 

« FM秩父に出演します | トップページ | 立ち臼作りをアップ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« FM秩父に出演します | トップページ | 立ち臼作りをアップ »