« 「ちちぶエフエム」出演終了 | トップページ | 緊急事態宣言 »

2020年3月27日 (金)

立ち臼作りをアップ

310

 ホームページの山里の記憶コーナーに「立ち臼作り」をアップした。この取材で一番嬉しかったことは、秩父の伝説の木地師と言われている小椋弥市氏の縁に触れたことだった。「秩父の木地師たち」という本を恩師の故飯野頼治先生が出版したのが1995年の一月だった。小椋弥市氏への取材が一章に渡りまとめられていて、その中に秩父最後の木地師と書いてあった。
 

Img_4739

 

Img_4734

 
 取材した中沢武夫さんの義父が小椋弥市氏だった。弥市氏制作の巨大な木鉢を見たときには、正直なところ手がふるえた。これだけの木鉢を作る人が秩父にいたのだと、伝説を裏付けられた気がした。恩師の仕事に触れることが出来たのも大きかった。この本は再販を予定していて、その表紙の絵を先生から依頼され、描いて渡してあったのだが、逝去されてかなわなかった。
 秩父の木地師の話は奥さんの峰子さんに聞くのが筋と考え、次回に持ち越しとした。峰子さんから父小椋弥市を始め秩父の木地師達の話を聞くのが楽しみだ。
 306

 
 立ち臼作りは武夫さんに言わせると「道楽でやってるんさぁ・・」とのことだったが、道具類を見たときに道楽でできるものではないと思った。幻の道具類がずらりと並んでいて壮観だった。特にササガンナとツボウチは自分でも使ったことがあるので興奮した。立ち臼は最後の仕上げ段階に入っていて、道具類を使う場面を見ることはできなかったが、楽しい取材だった。
 

Img_4802

 
 山仕事をずっとやってきた武夫さん。若い時代の厳しい仕事から最近の会社でやっている仕事まで、まさに身一つで走り続けてきた人生だった。炭焼きから始まって、今では社員を何人も抱える「中沢グリーン企画」を経営している。「仕事じゃあ誰にも負けないよ」という自信がその言葉の端々にうかがえた。

 

Img_4769_20200327102701

 

« 「ちちぶエフエム」出演終了 | トップページ | 緊急事態宣言 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ちちぶエフエム」出演終了 | トップページ | 緊急事態宣言 »