« 面影画・講演会 | トップページ | ホームリバーへ »

2019年7月19日 (金)

絵を届けて、98歳の取材

Photo_20190719122101

 7月18日、「お姿を刷る」の絵を届けに秩父市荒川・古池に行った。絵を届けたのは磯田喜次さんで、絵をとても喜んでくれた。「集落のみんなでやっている事なので・・」と自分が中心のように書かれて困惑しているとの言葉があった。自分よりも年齢が上の方がいるのにという配慮なのだが、その謙虚な姿勢に胸を打たれた。小さな集落の大きな神社の話は秋の奥宮祭へと続く。奥宮祭は長老を取材して集落の皆さんの思いを受け止めたいと思う。
 

Img_2972

  
 昼の時間になり、小鹿野の「まる銀たじま」に行って昼食。同級生の店主と先の同級会の話などしながら温かいうどんに舌鼓を打つ。ここのうなぎは美味いので土用の丑が近くなると忙しくなる。この日も消防団の人が宴会を予約していた。午後の取材が終わる時間に合わせてうな重を持ち帰りで予約した。豪華なカミさんへのお土産だ。
 食後、時間があったので龍勢(りゅうせい・農民ロケット)で有名な椋神社(むくじんじゃ)に立ち寄る。オオカミ像の写真を撮っていたら一体だけ尻を上げた「出雲型」のオオカミ像を発見。この像の来歴が気になる。
 

Img_2979

 
 午後1時から吉田久長の白砂惠慈園にて若林金一さん(98歳)を取材した。金一さんは年齢を感じさせないハキハキした対応をしてくれ、とても楽しい取材ができた。一生の仕事になった洋服作りの話、戦争体験の貴重な話、秩父宮妃殿下との交流の話、趣味を超えていた菊花作りの話、苦労を共にした奥様の話などなど多岐に渡り、その記憶の正確さにも驚かされた。
 孫の長井真さんが同席してくれて、合いの手や確認をしてくれたので、少々耳の遠い金一さんだったが、何の支障もなく取材ができた。
 

Img_3031

 

Img_3033

 
 大正10年生まれの金一さん。大正・昭和・平成・冷和を生き抜いた98年間の貴重な話は幅広く、多岐にわたり、まとめるのが難しそうだが、頑張って良い作品にしたい。たくましい両手を見せてもらったが、本当に働きもんの手だった。
 肺結核という大病を乗り越えた98歳。「いい時に生まれて、いい人生だったよ」という言葉が本当に素直に出て来て、こちらの胸にストンと落ちた。素晴らしい体験だった。
 責任を持って良い作品にしたい。

 

Img_3035

 

« 面影画・講演会 | トップページ | ホームリバーへ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 面影画・講演会 | トップページ | ホームリバーへ »