« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月31日 (水)

「九十八歳の道のり」をアップ

71898

 ホームページの山里の記憶コーナーに「九十八歳の道のり」をアップした。取材した若林金一さんはとても九十八歳とは思えない記憶力と軽妙な話ぶりで楽しい取材ができた。その話の内容は楽しい事ばかりだった。奉公人時代の密かな楽しみ。出征してからも現地の人々との交流の話。終戦になってからの部隊での暮らしぶりも、鶏を密かに食べた話やナマズを釣って食べた話など。そして上海で陳中将に招かれて自宅で服を作った話や一等兵だったのに少尉の軍服を着て上海の街を歩いた話などなど。極め付きは秩父宮妃殿下との菊花を通じた交流の話。
 

718_20190731115501

 
 聞いた話だけでも文章を書く事は出来たのだが、今回はそうしなかった。たまたま金一さんが自費出版した本があった。金一さんの歌集「共に老いゆく」という本だった。
 本を読んでいて取材ではわからなかった金一さんの人生を知った。この本のあとがきに自身の歩んで来た道が書かれていた。九死に一生を得た北支での軍隊生活。その厳しくつらかった事。三十歳で発病した結核との長い戦いの末に六十六歳で片肺を切除した事。看病する奥さんへのせつない思いなどが短歌で綴られていた。
 取材では全く聞けなかったことがたくさん綴られていた。短い時間の取材では避けられないことだが、話を聞くだけでは一面しか知ることができない。今回はこの歌集の存在が内容を深めてくれた。
 

718

 

Img_3044

 
 どちらも本当の金一さんなのだと思う。そして何より心に響いたのは、山あり谷ありの人生だったはずなのに、大きな谷間もあった人生だったはずなのに、「いい時に生まれて、いい人生だったよ・・」という言葉が何の誇張もなくさらりと出てきた事だった。
 こんな大変なことがあったんだよとか、こんな辛い人生だったんだよとか、つい話したくなるのが人の性だと思うのだが、金一さんは逆だった。前向きな人が語る前向きな話の影に、こんな深い物語が隠れている。今回の取材で得た一番の収穫だった。

 

Img_3027

 

2019年7月25日 (木)

ホームリバーへ

Img_3046

 7月24日、絵を描く作業が煮詰まって来たので、気分転換に釣りに出かけた。場所はいつものホームリバー。午後から雷雨という天気予報だったが何とかなるだろうと思った。コンビニで釣り券を買っていつもの道を入って行った。ところが、大雨で法面が崩壊の危険ありということで入り口の手前の橋で通行禁止になっていた。入り口まで2キロくらい歩かなければならない。
 腹をくくって歩き始める。入り口までが遠かった。入り口から林道をさらに2キロ歩いてやっと釣り場に着く。いい運動になったが、川は予想に反して渇水状態。平水の半分の水位で、歩きやすいが釣りは厳しい。
 

Img_3050

 

Img_3053

 

 案の定反応がシビアで大きな毛針に乗ってくれない。藪下のポイントでやっとヤマメが出てくれ、坊主を免れホッとした。魚はいるし、出るのだが、毛針の手前でUターンするのばかり。12番でより大きなたっぷりエルクだからこの状況では難しい。
 小さなポイントで同型のヤマメを追加して以降は魚の影を追うばかりになってしまった。おにぎりを食べて午後の釣りで頑張ろうと思った矢先、突然大雨が降ってきた。予報より早すぎるよなどと叫びながらカッパを着るが雨脚は衰えない。しばらく様子を見ていたのだが、止む気配がないのでそのまま脱渓した。はなはだ心残りなのだが、こればかりは仕方ない。
 

Img_3052

 

Img_3057

 
 カッパを着ていても染み込んでくる大雨。林道は川のように水が流れ、もう釣りどころではない。そのまま黙々と雨の中を車に戻る。いつもより2キロ長い帰り道がつらかった。舗装道路に落ちる雨粒が真っ白で綺麗だった。こんな経験はあまりない。
 車に着く頃には雨も上がり、濡れずに着替えられたのは良かった。山から下りると雨の気配もなく、道路も乾いていて驚いてしまった。局所的な豪雨というものを実感した日になった。釣りの結果は次回に持ち越しになったが、貴重な体験だった。

 

Img_3062

 

2019年7月19日 (金)

絵を届けて、98歳の取材

Photo_20190719122101

 7月18日、「お姿を刷る」の絵を届けに秩父市荒川・古池に行った。絵を届けたのは磯田喜次さんで、絵をとても喜んでくれた。「集落のみんなでやっている事なので・・」と自分が中心のように書かれて困惑しているとの言葉があった。自分よりも年齢が上の方がいるのにという配慮なのだが、その謙虚な姿勢に胸を打たれた。小さな集落の大きな神社の話は秋の奥宮祭へと続く。奥宮祭は長老を取材して集落の皆さんの思いを受け止めたいと思う。
 

Img_2972

  
 昼の時間になり、小鹿野の「まる銀たじま」に行って昼食。同級生の店主と先の同級会の話などしながら温かいうどんに舌鼓を打つ。ここのうなぎは美味いので土用の丑が近くなると忙しくなる。この日も消防団の人が宴会を予約していた。午後の取材が終わる時間に合わせてうな重を持ち帰りで予約した。豪華なカミさんへのお土産だ。
 食後、時間があったので龍勢(りゅうせい・農民ロケット)で有名な椋神社(むくじんじゃ)に立ち寄る。オオカミ像の写真を撮っていたら一体だけ尻を上げた「出雲型」のオオカミ像を発見。この像の来歴が気になる。
 

Img_2979

 
 午後1時から吉田久長の白砂惠慈園にて若林金一さん(98歳)を取材した。金一さんは年齢を感じさせないハキハキした対応をしてくれ、とても楽しい取材ができた。一生の仕事になった洋服作りの話、戦争体験の貴重な話、秩父宮妃殿下との交流の話、趣味を超えていた菊花作りの話、苦労を共にした奥様の話などなど多岐に渡り、その記憶の正確さにも驚かされた。
 孫の長井真さんが同席してくれて、合いの手や確認をしてくれたので、少々耳の遠い金一さんだったが、何の支障もなく取材ができた。
 

Img_3031

 

Img_3033

 
 大正10年生まれの金一さん。大正・昭和・平成・冷和を生き抜いた98年間の貴重な話は幅広く、多岐にわたり、まとめるのが難しそうだが、頑張って良い作品にしたい。たくましい両手を見せてもらったが、本当に働きもんの手だった。
 肺結核という大病を乗り越えた98歳。「いい時に生まれて、いい人生だったよ」という言葉が本当に素直に出て来て、こちらの胸にストンと落ちた。素晴らしい体験だった。
 責任を持って良い作品にしたい。

 

Img_3035

 

2019年7月17日 (水)

面影画・講演会

Photo_20190717145201

 7月12日朝7時に家を出て北陸の能美(のみ)市に向かった。関越道から上信越道・北陸道と走り、能美根上(のみねあがり)インターに到着したのは午後2時半だった。
 ここから能美市役所に向かったのだが、途中でハタと気づき防災センターへと進路を変えた。今日は担当者が明日の講演会の準備で防災センターにいるとの事だった。能美根上インターから続く道は豊かな田園が広がる平野を走る道で、ここで震災関連の話をしても現実感はないだろうなと感じさせる道だった。
 

Img_2887

 
 防災センターで役場の方達と名刺交換し、明日の段取りを話し合う。隣の会場で「面影画・パネル展」が開かれている。椅子に一枚ずつパネルが乗せてあり、見る人は椅子に座ってパネルを持って読んでくださいと入り口に書いてあった。親切な展示だと思う。その時も何人か見ている人がいて展示が浸透している事が伺えた。
 打ち合わせ後は九谷焼のお店を見て、ホテルにチェックイン。市役所近くの「まつさき」という立派なホテルだった。ホテルのロビーの柱に「面影画・パネル展」のポスターが貼ってあった。
 

Img_2897

 
 13日、朝9時に市役所の人が迎えに来た車で講演会会場の防災センターに向かう。10時講演会の開始。鵜住居さんが来ていてびっくりしたけど嬉しかった。(巻頭の写真は鵜住居さんFBから拝借したもの)予定していた内容を淡々と話したのだが、途中で二度ほど感情が高ぶって声を詰まらせる場面があった。面影画の話はどうしてもそうなるので仕方ないが、なんとか一時間半の講演を終わらせた。
 夕方、市役所・危機管理課の皆さんと打ち上げ。講演会で話した内容はほとんど覚えていないのだが、概ね好評だったので安心した。それにしても北陸の魚と酒は美味い。
 

Img_2926

 
 14日、釣りをする予定だった白山麓の渓流を見に行く。道路からはるかに見下ろす渓流は険しく、とても自分の足では無理と判断。川を知っている人と同行でなければ入っては行けない渓流だ。
 車は宿泊予定の妙高高原に向かう。5時間走って赤倉温泉に到着。赤倉ホテルにチェックイン。外は霧雨と濃霧で何も見えない、真っ白な世界。温泉で疲れをほぐす。赤倉温泉にはお風呂が三つあって、それぞれに個性的でとても良かった。
 

Img_2944

 
 15日、霧雨の中、予定していたK川に釣りに行く。藪沢で竿を出すところがほとんどない川で、おまけに魚の気配もない。そんな中でやっとイワナが釣れた。25センチくらいの綺麗なイワナだった。これで坊主は無くなったが、後が全く続かない。
 水門を二つ乗り越えた途端に水量が増えて遡行ができなくなった。身の危険を感じて水門から脱渓した。これ以上この川を遡行したら何が起きてもおかしくない。脱渓直前に転倒しかけて左手の中指を突き指してしまったのもやる気をなくす原因だった。
 

Img_2946

 
 水門を管理する道があり、そのままスムーズに脱渓。ありがたい事に車に近い道だった。車に戻ってびしょ濡れの服を着替え、燕温泉に向かう。真っ白い濃霧の中、対向車のヘッドライトが直前まで見えない道をゆっくりと登る。燕温泉には河原の湯と黄金の湯という二つの野天風呂がある。まずは河原の湯へ向かう。道は妙高山への登山道だ。15分ほど登ってつり橋を渡った先にある野天風呂。真っ白い湯はぬるめで何時間でも入って入られそうだったが、すぐに大勢の人が来て、入れ替わるように退出。下の黄金の湯に向かう。
 黄金の湯は男女別になっているので安心して入れる。小雨に濡れながら真っ白い霧の世界と鳥のさえずりを聞く。なんとも野趣あふれる優雅な温泉だった。釣りは散々だったけれど温泉は最高だった。
 
 16日、三連休の混雑を嫌って一日滞在を延ばしてゆっくり帰宅。1510キロ走破の長旅が終わった。いろんな人にあった二日間、誰とも話さず釣りと温泉の二日間。対照的な四日間だった。

 

 

 

 

2019年7月 8日 (月)

お姿を刷るをアップした

 

Osugata

 ホームページの山里の記憶コーナーに「お姿を刷る」をアップした。この取材は今までの取材とは少々方向性の変わった取材だった。この4月に奈良に行き、吉野山の金峯山寺を拝観したのがきっかけだった。青黒の蔵王権現を見ながら「この仏様はなんでこんな力強いのだろう・・」と思い、その後、一心不乱に修験道の本を読み漁っていた。そんな中で出会ったのが「オオカミの護符」という本だった。吉瀬さんが紹介してくれた本だった。
 

Img_2606

 
 オオカミの護符に書いてあったのがこの猪狩神社のお犬様だった。知り合いが本に出ていたのですぐに連絡を取り、磯田喜次さんへと話が繋がった。たまたま前の取材が長瀞の人で、宝登山神社の近くだった。聞くと宝登山神社の御眷属を祀る講の一員だった。御眷属のオオカミが繋がったことになる。宝登山神社→猪狩神社→三峯神社とオオカミ信仰・ヤマトタケル信仰が繋がっていた。
 お犬様のお札を発行している神社は数多いが、氏子が手刷りで作るのは猪狩神社だけだ。そのことだけでも貴重な事で、何としても取材したかった。

 

Img_2613

 

Img_2644

 

 オオカミの護符は子供の時から見ていた。なんだか不気味なお犬様の絵が家の入り口や納屋の入り口に貼ってあるのを不思議な気持ちで眺めていた。なんの役に立つお札なのかも知らず、どこから来たものかも知らなかった。火伏せ・盗賊・四つ足除けと今聞けばわかるが、当時は何も知らなかった。三峯神社のものだとは知っていたが、なぜ家にあるのかは知らなかった。
 大人になって解ける謎がある。これもその一つだったのだろう。まだ修験道と秩父の関わりは自分の中で大きな闇になっているが、少しずつ理解して行きたい。
 

Img_2655_20190708164401

 
 この6月、秋田県仙北市西木町に行く用事があった。二十年続けている森林ボランティア活動だった。今年は再開の森での草刈りだったが、もっと大きな成果があった。
 この西木町の堀内(ほりない)地区に三峰様(さんぽうさま)と呼ばれる祠があり、そこに白いオオカミ像と山の女神が祀られていたのだ。これは「オオカミは大神」という本に書いてあったのを、地元の野中さんに聞いて探し当てたものだった。秋田県の西木町と秩父の三峯神社が繋がっていた。この事実が嬉しかった。東北にある三峯信仰を探す旅も面白そうだ。

 

Img_2675

 

2019年7月 4日 (木)

面影画展・開催中

1

 石川県能美市・防災センターにて「面影画パネル展」を開催中です。
 期間 6月29日(土)〜7月26日(金)
 会場 能美市防災センター会議室(能美市寺井町ク9番地1)
 
 講演会 7月13日(土)午前10時〜11時30分
 会場 能美市防災センター会議室(能美市寺井町ク9番地1)

 主催:能美市総務部危機管理課 後援:北國新聞社 エフエム石川

 

Img_3746

 

Img_3745

 
 本日、能美市より会場の写真が送られて来ました。このパネル展はじっくり内容を読んでもらいたいという設定から、パネル一枚ごとに椅子が配置されています。椅子に座ってパネルを手に持って内容を読んでもらうという展示方法を取りました。文章が長いため、立って読むよりも確実に伝わる方法でとても良い展示だと思いました。
 昨日はラジオ小松で「面影画パネル展」と講演会の案内をしていただいたとのこと事です。とてもありがたい事ですが、講演会のハードルがどんどん高くなっているようで少し心配です。
 しっかりまとめて出かけたいと思います。

 

 

 

 

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »