« 「栃本蕎麦を守る」をアップ | トップページ | 八幡様の直会を取材 »

2018年11月28日 (水)

「ゆず巻き」をアップ

Photo
 
 ホームページの山里の記憶コーナーに「ゆず巻き」をアップした。取材した北エイ子さんは料理上手で有名な人だった。たくさん出されたお茶請けはみんな美味しく、ひと工夫されたものだった。河原沢では「氷柱」や「よってがっせー委員会」の活動で女性達の料理を発表する場が多い。そんな地域ならではの料理への工夫が感じられた。もちろん、エイ子さんの料理に対する情熱がそうさせている事は間違いない。
 
Img_0747
 
 中でも驚いたのはらっきょう酢の使い方だった。らっきょう酢を使った梅干し作りという話を聞いたときは「えっ?」っと思ったのだが、実際に食べてみたら納得した。しっかりと梅干しになっていて、塩を使っていないから梅の味がしっかり出ている。塩分ゼロの梅干しはすごい可能性を秘めているのではないかと思った。
 他にも様々な料理の工夫を話してくれたが、本当に料理に関して情熱を持っている人だなあと感心した。こういう人が増えれば郷土料理もどんどん新しいものが出来てくるに違いない。
 庭のシュウカイドウの花もイロハモミジの葉も料理の飾りにするという。家の周囲の自然が料理を彩るというのも面白い。出来上がったゆず巻きをタッパーに詰めて頂き、お土産にした。お茶請け料理もたくさんお土産でいただいた。
 
Img_0739
 
Img_0760
 
 取材を終えてエイ子さんの家の前から山越えする「茅の坂峠」を走った。エイ子さんが「通行止めになっていないから通れると思うよ…」と言っていたので走ったのだが、途中で後悔するような厳しい峠道だった。ほとんど車が通っていない道で、落葉が道路を埋め尽くしていた。時速20キロくらいで慎重に越えたのだが、こんな道で事故でも起こしたら帰ることも出来ないと思うような道だった。そんな山越えの道だからこそ紅葉は見事だった。
 昔からこの道は河原沢と倉尾を結ぶ大切な道だった。この山道を越えて花嫁行列が行き交った。鉱山の横流し物資がこの道を運ばれて倉尾へと向かった。倉尾神社の横に出た時はホッとしたが、昔の人は凄かったものだと実感した。
 
Img_0763
 
 一週間後、保存しておいたゆず巻きを冷蔵庫から出して食べた。じつに爽やかで美味しいゆず巻きだった。さっぱりとした味はお酒のアテにも良かったし、おかずとして口直しには最高だった。正月のおせち料理に作ってみることにした。
 
 
 
 

« 「栃本蕎麦を守る」をアップ | トップページ | 八幡様の直会を取材 »

コメント

 遅いコメントですが、ご容赦を。
 茅ノ坂峠の旧道を日向から歩いてみたことがあります。
 最初はなんとなく道らしきものがありましたが、すぐに消滅しました。
 車道のルートとは別の道です。

吉瀬さん、昔の道はさぞ険しかったのではないかと思います。
昔の人はみんな普通に歩いていた訳で、それが生活でした。。
子供の頃はみんな山を走り回っていて、どの山にもはっきりした道がありました。
今となっては幻ですが、時々懐かしくなります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ゆず巻き」をアップ:

« 「栃本蕎麦を守る」をアップ | トップページ | 八幡様の直会を取材 »