« 絵を届けて布ぞうりの取材 | トップページ | 布ぞうりをアップ »

2018年7月11日 (水)

よこぜ紅茶の取材

R0027494
 
 7月11日、朝3時に起きてワールドカップ準決勝を見て、そのまま6時に家を出て秩父の芦ヶ久保まで紅茶の取材に行った。取材したのは浅見文昭さん(78歳)で、茶葉の刈り取りから紅茶が出来るまでを見させていただいた。
 よこぜ紅茶として人気のある紅茶は8年前から生産が始まった。組合では三人が紅茶を生産している。「緑茶は売れないけど、紅茶は売れるんだぃね」と笑う文昭さん。じつは私も芦ヶ久保道の駅でこの紅茶を買ってきて、毎日飲んでいる。クセのない美味しい紅茶だ。
 
R0027376
 
 朝8時、約束の時間に製茶工場に行くと、すでに文昭さんが来ていて茶葉を広げて乾燥させていた。昨日刈り取った茶葉を二時間日光に当てて乾したものだとのこと。しっとりとした葉からは果実のような香りが漂ってくる。これを二時間、揉捻機(じゅうねんき)という機械で揉む。熱も加えないのに揉むだけで発酵が始まる。
 揉んだ後は湿したタオルケットで包んで約一時間発酵させる。温度が30度くらいを保つのが良く、35度を超えると腐る。温度計を入れて置いて、何度も切り返しをする。ここが一番神経を使うところだそうだ。
 
R0027386
 
R0027421
 
 発酵が終わったら急速乾燥させる。100度の熱風が吹く乾燥機で急速に乾燥させ、発酵を止める。荒乾燥から本乾燥と機械を変えて仕上げの乾燥をする。しっとりとした茶葉はサラサラの紅茶になった。工場いっぱいに紅茶の香りが充満していて、何だか幸せな気分になる。
 今朝までお茶の葉っぱだったものが、何時間かでこうして紅茶になる不思議。出来上がった紅茶を最後の機械にかける。電子色彩選別機という機械だ。茎の白い色だけ判別して取り除くという優れものの機械。この機械を通すと、あら不思議、紅茶と茎が別れて出てくる。こうして出来上がった紅茶を工場から自宅に運び、入れていただいた。
 
R0027462
 
R0027476
 
 上品なティーカップに今日作った紅茶が満たされている。何だか不思議な光景だ。朝まで葉っぱだったものをこうして飲むことができる。それがまた、じつに旨い。このクセのない味がたまらない。
 さてさて、取材をしたのはいいがまとめるのが大変だ。工程を書くだけで紙面がいっぱいになってしまいそう。どこを削ればいいのか悩みそうだ。書きたいことはいっぱいあるのになあ……と嬉しい悲鳴が出そうな感じ。
 
 
 
 
 

« 絵を届けて布ぞうりの取材 | トップページ | 布ぞうりをアップ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1491207/73841408

この記事へのトラックバック一覧です: よこぜ紅茶の取材:

« 絵を届けて布ぞうりの取材 | トップページ | 布ぞうりをアップ »