« 初釣り | トップページ | 原画展の準備 »

2018年4月30日 (月)

デリカ・小さなレストラン

Dcf00001
 
 4月29日、大宮の氷川神社に参拝した。武蔵一宮のすばらしい参道は巨木の並木道。折からの風に新緑がさざめき、清々しい風情だった。氷川神社境内の巨大なクスノキには多くの参拝者が両手を添えてパワーをもらっていた。
 参拝後に向かったのが参道ほど近くの小さなレストラン「デリカ」だった。店主から開店の知らせをもらっていた。開店一ヶ月という遅い訪問にも店主は明るく出迎えてくれた。
   デリカ 3.28 オープン
   大宮区宮町3-161 048-856-9522
   14:00→21:00 火曜定休 店主:山崎 暢
 若き店主と初めて会ったのは二年前の「山里の記憶・原画展」の時だった。ネットで埼玉県の食材を検索していたら秩父の食材でヒットしたらしい。埼玉県の食材だけで調理するレストランを目指しているという熱い訴えを原画展会場で心地よく聞かせていただいた。
 6年準備して、約束通り自分の店を持った。その知らせは若い店主の思いがひしひしと伝わる瑞々しくも嬉しいものだった。
 
Dcf00012
 
 看板のない小さなレストランを見つけ、中をのぞくと「ああ、黒沢さんじゃないですか」と声がかかって、逆にこっちがビックリしてしまった。二年前の一時会っただけの顔を覚えているとは驚いた。「僕は人の名前を覚えるのが得意なんですよ」と笑っている。
 
Dcf00015
 
Dcf00017
 
 暑い日だったのでビールを頼む。ビールは小川町の地ビールと川越の地ビールがある。一緒に頼んだ前菜の盛り合わせがすごかった。カブの葉のナムル、キクイモの甘酢漬け、レバームースのクラッカー乗せ、手作りの生ハム、大麦のサラダ。大麦のサラダは茹でた大麦をおなめで和え、キヌサヤ、ブロッコリーの芽、フルーツトマト、カブの薄切りが一体になったもの。絶品だった。食材は全て県産。この大麦サラダはじつに日本酒に合う味だった。
 日本酒は冷やで頼むと5本の一升瓶を並べて好みを聞かれる。半合から頼めるのが嬉しい。
 
Dcf00019
 
Dcf00021
 
 メインで頼んだのは鴨ソーセージと葉玉ねぎ。鴨は幸手の農場で産したもの。新玉ねぎの葉はそのまま茹で、行者ニンニクのペーストにオレンジピールを加えたソースがかかっている。 白ワインと赤ワインは秩父産のワインとこれはさすがにフランス産のものを取り揃えている。鴨ソーセージには赤ワインを合わせた。
 フランスパンとルバーブジャムでおなかを満たし、デザートはキャラメルムースが出た。ジャムの作り方も教えてもらったり、プロの技に感心する。店主との会話が楽しい。
 
Dcf00023
 
 白が基調の店内はシンプルで美しい。玄関と窓が開放されていて、爽やかな風が入ってくる。店の前が小さな公園になっていて、ヒガンザクラ、アジサイ、キンモクセイなどの木々が手入れされている。店の奥から眺めると、玄関と窓から見える緑とそこを通る人や車がまるで映画のように見える。店主も店を決めるポイントになったのがこの公園だったという。大きなテーブルに差し込む光が時間とともに変化して、まるで絵画のようにも見える。壁に何も掛けない店主のセンスが伝わってくる。差し込む光の変化が印象派のセザンヌを思わせる。
 
Dcf00025
 
 何だかすっかりくつろいでのんびりしてしまった。店主の人柄もあるのだろうが、客もゆったりとくつろいでいる人が多い。静かに料理をサーブする店主だが、素材について聞くと、熱い思いが言葉になってあふれ出る。またその話が面白い。今後は秩父の素材も使ってくれるようで、何が使われるのか楽しみだ。
 3時に入店して出たのが6時近かった。昼間からこんなに飲んだのも久し振りだ。店主との会話も楽しかったし、大いに満たされた三時間だった。こうして応援したい店が出来ることはすばらしい。こちらが元気をもらって帰れる。
 
Dcf00024
 

« 初釣り | トップページ | 原画展の準備 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1491207/73397388

この記事へのトラックバック一覧です: デリカ・小さなレストラン:

« 初釣り | トップページ | 原画展の準備 »