« 栃もちをアップ | トップページ | くだげえの取材 »

2018年1月11日 (木)

産土神様に初詣

R0025499
 
 1月9日、松が明けてしまったが初詣に行ってきた。参拝したのは南千住のすさのお神社。この神社は調べたところカミさんの産土神様に当たるということで出かけたものだった。初めて参拝する神社だったが、カミさんがこの神社の氏子として生まれたと考えると感慨深いものがあった。
 神社は下町らしい商店街の奥にあり、三方から境内に入る鳥居が立っていた。すさのお神社らしく「蘇民将来之子孫也」という幟がたくさんはためいていた。門松も立派で威厳のあるものだった。参拝を済ませ、ご朱印をいただき、交通安全のお守りをいただく。荒ぶる神が交通安全に有効かどうかはよくわからないが、初詣だから一年の安全を願ってのもの。
 
R0025492
 
R0025493
 
 参道のような大通りを南千住の駅に向かって歩く。昼時だったので駅近くのそば屋に入って蕎麦を食べた。この蕎麦屋さんが大当たりで、じつに旨い蕎麦を食べることが出来た。新年早々旨い蕎麦を食べることが出来て今年は運が開けそうだ。大満足の味。
 蕎麦屋のお姉さんに都電の駅の場所を聞いてのんびり探す。くねくねした道を歩くこと15分、三ノ輪橋の小さな都電の駅に到着。駅前のこぢんまり感がいい。佃煮屋さんでお土産にアサリの佃煮を買う。
 
R0025503
 
 三ノ輪橋から始発の都電に乗って大塚駅を目指す。165円で早稲田まで行けるのだから安いものだ。普段着の半纏を着たおじさんがいたり、挨拶回りらしい荷物を抱えた人がいたり、都電の下町感がとてもいい感じだった。
 プワー・チンチンという音と共に王子、滝野川、庚申塚と懐かしい場所を走り抜け大塚駅に到着。一時間弱のチンチン電車移動がとてもいい気分だった。都電に乗ったのは何年振りだろうか?
 
R0025504
 
 池袋でキンコーズに寄り、「栃もち」の絵のプリントアウトをする。これから家に帰ってファイルを作り絵を額装して明日秩父の大滝まで届けなければならない。さてさて、新年から忙しいことだ。
 
 
 
 

« 栃もちをアップ | トップページ | くだげえの取材 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 産土神様に初詣:

« 栃もちをアップ | トップページ | くだげえの取材 »