« 栃餅作りの取材 | トップページ | 秩父で忘年会 »

2017年12月15日 (金)

やたら漬けをアップ

Photo
 
 ホームページの山里の記憶コーナーに「やたら漬け」をアップした。取材した山中順子(まさこ)さんが命名したやたら漬けは十種類の野菜を夏から漬け込み、塩出しして刻み、調味した漬け汁に本漬けするという手間のかかる漬物だった。何でもかんでもやたらに漬けるから「やたら漬け」という名前らしい。
 毎年調味液の調合や野菜の種類を変えて美味しくなるように工夫している。昨年は、最後に振りかける焼酎をブランデーに変えたら、少しも黴びない美味しい漬物になった。今年は味付けを少し濃くしたとのこと。料理上手な人は常に工夫とともにある。
 
R0025337
 
 漬物以外の料理も驚かされた。手作りのコンニャク、栗の甘露煮、つとっこなどなど次から次に郷土料理が出てきて驚かされた。コンニャクや甘露煮は更に次の料理の材料となる。
 85歳の今でも畑で野菜を育て、様々な料理や漬物に加工する。果実は様々な果実酒に加工される。順子さんの漬物蔵はスローフードの展示室のようにも見えた。
 
R0025348
 
 ご主人の要三郎さんの話から耕地の守り神の事を知る。山中一統がここに運び安置したという神様は琴平神社と吉備神社。西日本の神様だ。どういう流れでここまで来たのか?この2柱の神様はいつからここで祀られているのか?疑問は次々に湧くが、目に映る姿は寂れて久しいものだった。
「俺たちで終わりになるんじゃないかねえ…」という要三郎さんの言葉が寂しそうだった。
 
R0025351
 
 奥秩父に限らず奥地の人口は減り続けている。高齢化も進み、子供の声を聞くこともない。ダムが出来て道が良くなり、気軽に通えるようになって更に過疎化が進んだ。滝沢ダムの工事中、最初に出来たループ橋の橋脚の巨大な姿を見上げて呆然とした事を思い出す。それなのに今はその上を普通に走っている。時の流れは残酷だ。自分の感情ですら薄くなり過去になり、それが当たり前だったように忘れてしまう。
 
 ここにこういう人がいるんだ……という一点だけでもこの作業を続けていきたい。
 
 
 
 

« 栃餅作りの取材 | トップページ | 秩父で忘年会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やたら漬けをアップ:

« 栃餅作りの取材 | トップページ | 秩父で忘年会 »