« 勝てないなぁ… | トップページ | シロギスが来た »

2017年8月 9日 (水)

モロヘイヤうどんの取材

R0024268
 
 8月8日、小鹿野町長留にモロヘイヤうどんの取材に行った。取材したのは坂本ミサヲさん(89歳)で、昔の話を聞きながら自宅前の畑で採れたモロヘイヤを使ったうどん作りを見せていただいた。
 ミサヲさんはとても元気な人で、今でも自宅前の70坪の菜園を自分で耕してたくさんの野菜を栽培している。その数40種類以上と聞き、驚いてしまった。自分で作った野菜を自分で加工し、様々な料理に使っている。
 
R0024273
 
 今回取材したのはモロヘイヤを使ったうどん。モロヘイヤは軟らかい葉を収穫し、天日でカラカラに乾燥させ、ミキサーで粉状に加工したものを冷蔵庫で保存する。必要に応じてうどんやおまんじゅう作りに利用している。こうして粉末にしておけばいつでも利用できるので便利だという。
 ひとり暮らしのミサヲさんだが、家の中のことや畑仕事も料理も全部自分でやっている。手先も器用で、様々な人形や飾り鞠、シュロの葉で作るバッタなどが得意だ。書も自慢の一つで様々な人生訓を書にしたためてみんなに配り喜ばれている。
 6人ほどの仲間がいて、週に一度みんなで両神温泉に行って一日食べて休んで話すのが楽しみだなのだと笑う。とても元気なおばあちゃんだった。
 健康と元気の秘訣は畑仕事にあるという。「土をいじくってるんは気分がいいんだぃ」と明快だ。89歳という年齢を感じさせない人だった。
 
R0024306
 
R0024322
 
 畑の野菜を「好きなだけ持ってけ」と言う。ミニトマト、うまい菜、カボチャ、スイカ、青紫蘇をたくさんいただいて帰途についた。ありがたいことだ。
 
R0024294
 
 帰り道、下小鹿野の浅見しげさんを訪ねた。昨年怪我をしたと聞き、その後を心配していたのだが、会ってみると以前と変わらず元気だったので安心した。
 しげさんは99歳、今でも味噌を作ったり梅干しを作ったりしているスーパーおばあちゃんだ。今回も大量の味噌と梅干しと玉ねぎをいただいて恐縮してしまった。
 
 89歳のおばあちゃんと99歳のおばあちゃん。お二人に共通しているのは「自分の事は自分でやる」という強い意思。本当に頭が下がるし、勉強になる。見習いたい人生だ。
 
 
 
 

« 勝てないなぁ… | トップページ | シロギスが来た »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1491207/71373387

この記事へのトラックバック一覧です: モロヘイヤうどんの取材:

« 勝てないなぁ… | トップページ | シロギスが来た »