« 絵を届けて取材 | トップページ | 続・秩父鉱山 »

2017年7月20日 (木)

秩父鉱山の取材

R0024136
 
 7月19日と20日の二日間、「秩父鉱山」の取材で走り回った。
 19日は中津川の幸島家に取材をした。幸島家といえば中津川の名主で鉱山の採掘に関しては江戸時代から中心的な活躍をしてきた家だ。ご当主は34歳と若く、中津川キャンプ場を経営している。夏休み前の忙しい時期の訪問となったのだが、快く迎えていただいた。
 
R0024139
 
 37年前に開業したキャンプ場だが、30年ほど前に会社のキャンプで利用したことがあり、その当時の話などの昔話に花が咲いた。30年前よりも建物が増え、木が大きくなったキャンプ場は4月から11月迄営業しているとのこと。
 訪問の目的は二つあった。一つは幸島家に江戸時代から伝わる鉱山日誌があり、それを見せてもらうこと。これは、埼玉大学に貸し出してあるという事で拝見することは出来なかった。
 もう一つは幸島家の敷地内に建つ「源内居」を見せていただくこと。こちらは現在非公開となっているとのことで、こちらも断念。
 世間話から昔話などしているうちにご母堂から「せっかく○○さんの紹介で来てもらったんだから座敷だけでも案内したら…」というありがたい言葉があり、源内居を見せていただける事になった。
 源内居は平賀源内が江戸時代に幸島家に滞在した折、自分の設計で建てた別荘のような建物のこと。内部は細部にこだわった緻密な造りで、至る所に平賀源内の粋でしゃれたセンスが感じられる工夫が施されていた。ご当主から細かい説明を聞きながら写真を撮る。七宝焼きの引き手、釘隠し、飾り格子の欄間、細い梁を使った繊細な天井、讃岐式の違い棚などなど、目の保養になった。
 非公開ということで写真は公開できないが、昔の中津川にこれほどの建物があったという驚きは新鮮なものだった。江戸時代の職人の見事な仕事ぶりに頭が下がった。眼福の一時間。
 
R0024128
 
 ご当主に丁寧に礼を言い帰路に着く。そのまま鉱山跡地まで足を伸ばす。真夏の赤岩と廃墟が迎えてくれ、佇む時間に風も止まって暑かった。
 渇水警報が出ている滝沢ダムを見た。塩沢地区はすでに川底が見え、本体の水量は30%くらいに下がっているだろうか、白い護岸が目にまぶしいようだった。
 秩父市内は川瀬祭りでにぎやかだった。そんな市内の渡部さんを訪ね、預かった写真の詳細を確認する。本に載せる写真は一枚ずつ確認して説明文を書かなければならないので大変だ。
 今回の「続・秩父鉱山」は渡部さんの写真が中心の本となる。
 
R0024123
 
 20日(今日)は土浦まで走り、新藤茂さん(65歳)の取材をした。新藤さんは大黒の社宅で生まれ、中学を卒業するまで鉱山街で暮らした。父親が大黒坑で働いており、当時の父親やご自身の話を聞かせていただいた。
 昔の写真を見ながらの話は多岐にわたり、楽しく良い取材が出来た。圏央道のおかげで土浦はずいぶん近くなっていて、秩父よりずっと近かった。
 これで取材は全部終わり、のこり十日で全ての原稿を仕上げなければならない。忙しい日々が続くが、がんばって乗りきりたい。
 
R0024179
 

« 絵を届けて取材 | トップページ | 続・秩父鉱山 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1491207/71191636

この記事へのトラックバック一覧です: 秩父鉱山の取材:

« 絵を届けて取材 | トップページ | 続・秩父鉱山 »