« 2017年6月 | トップページ

2017年7月

2017年7月20日 (木)

秩父鉱山の取材

R0024136
 
 7月19日と20日の二日間、「秩父鉱山」の取材で走り回った。
 19日は中津川の幸島家に取材をした。幸島家といえば中津川の名主で鉱山の採掘に関しては江戸時代から中心的な活躍をしてきた家だ。ご当主は34歳と若く、中津川キャンプ場を経営している。夏休み前の忙しい時期の訪問となったのだが、快く迎えていただいた。
 
R0024139
 
 37年前に開業したキャンプ場だが、30年ほど前に会社のキャンプで利用したことがあり、その当時の話などの昔話に花が咲いた。30年前よりも建物が増え、木が大きくなったキャンプ場は4月から11月迄営業しているとのこと。
 訪問の目的は二つあった。一つは幸島家に江戸時代から伝わる鉱山日誌があり、それを見せてもらうこと。これは、埼玉大学に貸し出してあるという事で拝見することは出来なかった。
 もう一つは幸島家の敷地内に建つ「源内居」を見せていただくこと。こちらは現在非公開となっているとのことで、こちらも断念。
 世間話から昔話などしているうちにご母堂から「せっかく○○さんの紹介で来てもらったんだから座敷だけでも案内したら…」というありがたい言葉があり、源内居を見せていただける事になった。
 源内居は平賀源内が江戸時代に幸島家に滞在した折、自分の設計で建てた別荘のような建物のこと。内部は細部にこだわった緻密な造りで、至る所に平賀源内の粋でしゃれたセンスが感じられる工夫が施されていた。ご当主から細かい説明を聞きながら写真を撮る。七宝焼きの引き手、釘隠し、飾り格子の欄間、細い梁を使った繊細な天井、讃岐式の違い棚などなど、目の保養になった。
 非公開ということで写真は公開できないが、昔の中津川にこれほどの建物があったという驚きは新鮮なものだった。江戸時代の職人の見事な仕事ぶりに頭が下がった。眼福の一時間。
 
R0024128
 
 ご当主に丁寧に礼を言い帰路に着く。そのまま鉱山跡地まで足を伸ばす。真夏の赤岩と廃墟が迎えてくれ、佇む時間に風も止まって暑かった。
 渇水警報が出ている滝沢ダムを見た。塩沢地区はすでに川底が見え、本体の水量は30%くらいに下がっているだろうか、白い護岸が目にまぶしいようだった。
 秩父市内は川瀬祭りでにぎやかだった。そんな市内の渡部さんを訪ね、預かった写真の詳細を確認する。本に載せる写真は一枚ずつ確認して説明文を書かなければならないので大変だ。
 今回の「続・秩父鉱山」は渡部さんの写真が中心の本となる。
 
R0024123
 
 20日(今日)は土浦まで走り、新藤茂さん(65歳)の取材をした。新藤さんは大黒の社宅で生まれ、中学を卒業するまで鉱山街で暮らした。父親が大黒坑で働いており、当時の父親やご自身の話を聞かせていただいた。
 昔の写真を見ながらの話は多岐にわたり、楽しく良い取材が出来た。圏央道のおかげで土浦はずいぶん近くなっていて、秩父よりずっと近かった。
 これで取材は全部終わり、のこり十日で全ての原稿を仕上げなければならない。忙しい日々が続くが、がんばって乗りきりたい。
 
R0024179
 

2017年7月11日 (火)

絵を届けて取材

R0024088
 
 暑い暑い7月11日、両神の須川(すっかわ)に絵を届けて、あちこち取材に走り回った。
 絵を届けたのは黒沢進さん(73歳)で、「樽栽培トマト」の絵を届けた。ちょうどハウスの作業が終わったところで、進さんは上半身裸で汗を拭いているところだった。こんな暑い日にハウスの作業は地獄のようだと笑っていた。
 進さんは絵をとても喜んでくれ、お礼にと収穫したトマトを三袋も渡してくれた。三味線の話やふるさと祭りの話をして楽しい時間を過ごした。
 
R0024093
 
 この地区にあった索道の中継所がまだ残っているという話になり、案内していただいた。向かった先に、驚いた事に昔のままの索道中継所が建っていた。
 こんなに完全な形で残っていると思わなかったので夢中で写真を撮った。中には索道の搬器が残されていてこれにも驚かされた。この搬器に500キロもの精鉱を乗せて秩父鉱山から三峰口まで運んだのだ…と思うとすごい感慨深いものがあった。
 納宮(おさみや)から索道が来る部分は杉が大きく育って空も見えないが、中継して三峰口に向かう筋は山が低い場所なのでよくわかった。ゴンゴンゴンと音を立てて索道の搬器が山を越えてゆく姿が見えたような気がした。
 
R0024098
 
 午後は「秩父鉱山」の取材。小鹿野の品川さん宅で鉱山写真の説明を聞き、山崎さん宅で昔の話を聞き、秩父の渡部さん宅で古い資料の解説を聞いた。
 兄の家に寄って夏野菜をダンボール一杯もらいクーラーボックスに詰める。帰り道に本庄の桜井さん宅に寄り、取材の打ち合わせをして、奥さんの手料理に舌鼓を打ち、またまた夏野菜をたくさん頂いて帰路についた。
 暑かったが充実した秩父路巡りだった。
 
R0024109_4
 
 出版社との話し合いで、7月中に「続・秩父鉱山」の原稿をアップする事が決まったので、急遽7月に予定されていた「山里の記憶」の取材2件をキャンセルすることになってしまった。すぐに断りの電話を入れる。まことに申し訳のないことだ。
 さすがに300ページの原稿を二週間で作るのは集中しないと無理だ。まだ取材も終わっていないのに……。大丈夫なのか、本当に? 
 でも、九月に本を出すにはやるしかない。がんばろう、俺!
 
R0024107
 

2017年7月 9日 (日)

樽栽培トマトをアップ

Tarutomato
 
 ホームページの山里の記憶コーナーに「樽栽培トマト」をアップした。
 今回の取材で驚いたのは、まったく新しい栽培方法を取り入れ、ネットで情報を調べながら取り組んでいる黒沢進さん(七十三歳)の姿だった。始めてからすでに五年目になるという。
ここまでの間にも大雪でハウスが全部つぶされてしまうような事もあったし、奥様が病気で他界されるという悲劇もあった。
 
R0024044
 
 普通であれば心が折れてしまうような出来事だったはずだが、進さんはそれに負けずにトマト栽培に取り組んでいる。将来を見通し、未来を託す息子さん家族の為に道を切り開くためだ。この栽培方法で育てるトマトの良質なこと。販売チャンネルを確保すれば農業は安定した仕事になるという信念。そして何より、ものを作ることが大好きな進さんの情熱。
 言葉で書けばかっこいいが、実際は暑いハウスで体の健康を心配しながらのトマト栽培だ。やはり、情熱がなければ出来ない事だ。
 
R0024047
 
 朝に収穫が終わっていた為にハウスの中には緑色のトマトしかなかった。それでも赤いものを探し出して私に食べさせてくれた。進さんのトマトは固く甘かった。驚いたのは汁気が少ない事だった。普通トマトにかぶりつくと中の汁が飛び出すのだが、進さんのトマトは汁がジェル状で飛び出さない。それだけ水分を絞って栽培しているのだと感じた。
 甘さと酸味が絶妙にマッチした味で、果肉も噛みごたえのある旨いトマトだった。
 
R0024048
 
 取材した日は曇りで、涼しい日だった。進むさんは「今日くらいの気温だったらいいんだけどねえ…」とハウスの温度を気にしていた。外は涼しくてもハウスの中に少しいるだけでジットリと汗が出て来た。これが晴れている日だったらどんなに暑いか。そして、その暑い中で収穫作業をすることがどれだけ大変か…。ハウスはハウスで問題は多い。
 とにかく健康に留意してトマト栽培を続けてもらいたいと思った。
 
 
 
 

2017年7月 3日 (月)

アジが来た

R0024080
 
 7月2日、テニスをやっている時にJICKYさんから電話があり、「アジを釣ったので届けておきました」とのこと。テニスが終わってすぐに帰宅し、見たら、なんと十四尾ものアジ。
 早速全部を三枚に下ろす。新鮮なアジは捌くのも楽だし、皮もよくはがれる。それにしても十四尾もあると大変だった。
 
R0024081
 
 三尾分をなめろうにした。大葉・茗荷・九条ネギ・秩父味噌で和えるなめろうは酒のさかなに絶品の味。叩いても身が崩れないのがすごい。
 
R0024082
 
 五尾分でアジフライを作る。釣りたての新鮮なアジはフライが旨い。十個も揚げたがこのくらいはペロリと食べてしまうだろう。
 
R0024084
 
 残ったアジは冷蔵庫で保存し、明日の夜刺身にする。一晩寝かした方が刺身は旨い。またアジフライを作るのもいいかもsいれない。
 
 フライ作りで余った小麦粉・卵・生パン粉に九条ネギをたっぷり加えてチジミを作った。これはご飯代わりになるし、つまみにもなる。
 
R0024085
 
 キンキンに冷えたビンの一番搾りで乾杯して豪華な夕食。「JICKYさんありがとう!」
 アジフライとビールは最高に合う。なめろうは秋田から持ち帰った「秀吉」を合わせる。これもまた旨し。贅沢な夕食でありました。テニスの疲れもどこかに消えそう。
 
 
 

2017年7月 1日 (土)

絵を届けてトマトの取材

R0024038
 
 6月30日、絵を届けてトマトの取材をした。絵を届けたのは、秩父鉱山の取材で話を聞かせていただいた秩父市内の田隝一郎さん。田隝鉄工の仕事について話を聞き、昔の写真を提供していただいた。絵をとても喜んでくれた。また、趣味の渓流釣りの話で盛り上がった。
 もう一人は小鹿野の山崎チヅカさん。父親の山崎佐吉さんの話を聞き、昔の写真を提供していただいた。索道の写真や選鉱場の写真など貴重な写真がたくさん出てきた。
 貴重な写真の数々を提供していただいたので、きちんと整理し「続・秩父鉱山」に掲載したいと思う。
 
R0024040
 
 午後から両神でトマトの取材。取材したのは黒沢進さん(73歳)で、樽(たる)栽培トマトという聞き慣れない栽培方法を見せていただいた。樽と呼ぶ発泡スチロールの容器に椰子ガラ粉末を土の代わりに使ってトマトを栽培するというもの。ハウスでの栽培システムは本当に目からうろこが落ちるような栽培方法だった。
 
R0024049
 
 画期的な方法だが、近所では誰もやっておらず、ネット情報などで研究しながらの栽培とのこと。トマトはストレスを与えることで甘く育つ。ストレスをどれだけ与えることがダメージ無く旨いトマトが出来るかがコツだそう。最初は失敗も多かったが、今では安定して旨いトマトが出来るようになった。
 販路が安定しているのが強みだと進さんは胸を張る。直売場一箇所、スーパー二軒の直接販売コーナーがあるので、毎朝収穫したトマトを運ぶのが日課になっている。トマトが出ないときは他の野菜でそのコーナーを埋める。そのため、じゃがいもやほうれん草、インゲンなども栽培している。
 
R0024056
 
 今後の樽栽培トマトに確かな手応えを感じている進さん。息子さんお嫁さんの協力を感謝しながら次の世代に引き継ぐ事を考えている。
 
R0024064
 

« 2017年6月 | トップページ