« 2017年5月 | トップページ

2017年6月

2017年6月10日 (土)

絵を届けて取材

R0023792
 
 9日、朝から秩父に絵を届けに行った。両神の出浦正夫さんに「秩父生茶」の絵を届けた。来客があって忙しい正夫さんだったが、絵をとても喜んでくれた。
 特に製茶工場の絵は奥さんともども「とてもわかりやすい」と喜んでくれた。見学者に説明するときのテキストにしたいと言ってくれた。
 来客の対応に向かう正夫さんに代わって奥さんの笑子さんとしばらく放した。学校の先生を長くやっていたご夫婦なので秩父各地に知り合いがいる。いろいろな人の話を聞き、新たな目標が見つかったような気がした。
 
R0023576
 
 昼前に小鹿野の品川さん宅に伺う。「掘進」という鉱山の文化会機関誌が発見されたということで見させてもらった。昭和二十七年四月の創刊号から昭和三十四年三月の第十五号までの十五冊がまとめて発見され、その実物がそこにあった。その全てをコピーするためにお借りしてきた。貴重な鉱山の記録が詰まった内部広報誌だ。大切に扱わなければならない。
 
R0023798
 
 午後は大野原の山口組へ行く。先日届けた原稿の訂正を頂き、しばらく山口さんと話し込む。似顔絵の原画を渡したらとても喜んでくれた。
 山口さんの案内で田隝鉄工の田隝一郎さん宅に向かう。田隝鉄工は鉱山のタンクや搬器、コンベア、トロッコ、鉄塔の製作・加工や設置などをやっていた。ご自宅に伺い、一郎さんに当時の話を聞かせてもらった。
 二十代の六年間を鉱山で仕事したという一郎さんの話は多岐に渡り、とても興味深いものだった。今まで疑問だったことが解明されたり、知らなかった事が次々と出てきたり、とても楽しい時間だった。
 
R0023793
 
R0023797
 
 秩父鉱山の本を増刷する時に増補改訂版とする予定だったのが、話が変わった。増刷は今までのままで、新しく別冊で「続・秩父鉱山」という形で本にしようという話になった。
 新しく取材するところが目白押しで、当分忙しい毎日が続く。話を聞きたい人がいっぱいいて、誰から先に取材しようか悩んでいる状態だ。
 九月くらいを目標にしているのであまり時間がない。がんばらなくては……
 
 
 
 

2017年6月 9日 (金)

秩父生茶をアップ

Namatya
 
 ホームページの山里の記憶コーナーに「秩父生茶」をアップした。
 この取材は本当に書くことが多くてまとめるのが大変だった。必要なことを並べるだけでページ数が一杯になってしまった。もっともっと書くべき事があったのだが、文字数が決まっているので全部書くことができない。
 個人で製茶工場を運営していると簡単に書くが、内容はとてつもなく膨大な情報と技術の集積だった。一つ一つの機械にそれぞれの胆があり、そこを外すとお茶でなくなる。一時も気を抜かず、細心の注意を払って温度管理と揉み具合を調整する。これは本当に大変なことだと見ていて思った。
 普段、何気なく飲んでいるお茶を作るのに、これだけの神経が使われているのだと知った事が収穫だった。
 
R0023588_2
 
R0023645_2
 
 蒸し器、冷却コンベア、粗揉機、揉捻機、中揉機、精揉機、乾燥機、電気選別機とつながる機械がそれぞれ人間の手を模している。いかに人間の手で揉んでいる状態に仕上げるかを研究して作られた機械達。その動きは見ていて楽しい。
 この機械を作った一部のメーカーはすでにないという。正夫さんはそんな機械を自分で修理しながら使っている。「コンピューターじゃなくて単純な構造だから自分で修理できるんだいね」と笑いながら機械を操作している姿が印象的だった。
 
R0023661
 
R0023670
 
 お昼に奥さんが作ってくれたお稲荷が美味しかった。野菜の煮物も旨かった。味噌汁は旨くてお代わりしてしまった。ずうずうしいにもほどがある。
 5時間かけて出来上がった生茶は本当に美味しかった。朝つみの葉がその日のうちにお茶になる。何だか不思議な体験をさせていただいた。
 7月には紅茶の作り方を取材させて頂くことになっている。こちらも楽しみだ。
 
 
 
 

« 2017年5月 | トップページ