« 縫製名人の取材 | トップページ | 秩父生茶の取材 »

2017年5月17日 (水)

行者ニンニクが来た

R0023560
 
 16日の源流部会で長南さんから行者ニンニクをもらった。大きな紙袋にいっぱいの行者ニンニクはとても状態の良い物ばかりで、すばらしいプレゼントだった。私の足ではとても行けない深山の山菜。こうして黙って頂けるなんて本当にありがたい事だ。感謝感謝。
 
R0023561
 
 という訳で、今夜は行者ニンニク三昧の夕飯を作る。夕飯というか酒の肴というか、太る原因を作るというか、本当に困った困った(^^)
 まずは下処理。はかまとヌル膜を全部取り除き、一枚一枚水で洗う。泥がついているので丁寧に洗う。大量だったのでここまでで一仕事だった。腰が痛い。部屋中に行者ニンニクのにおいが充満し、えらいことになっている。でも今年初物の行者ニンニクだからしっかり味わって食べたい。
 
R0023571
 
 まずは定番のお浸し。一分茹でて水にさらし、よく水気を絞った行者ニンニクを食べる大きさに切り、タッパーでつゆの素に浸す。二時間くらい味を浸ませてから食べた。
 
R0023562
 
 同じく茹でた行者ニンニクを刻み、ゴマとクルミをすって和え物を作ってみた。味付けは味噌。クルミの甘さと味噌味に包まれた行者ニンニクが絶品!
 
R0023569
 
 卵3個を割って刻んだ行者ニンニクを加えてだし巻き行者ニンニク卵焼き。これは安定の旨さで、カミさんも絶賛してくれた。
 
R0023567
 
 秩父の鹿肉を細切りにして行者ニンニクと炒めた鹿肉炒め。味噌味の鹿肉だったので、味付けはなし。味噌味のおいしい炒め物になった。
 
R0023563
 
 小麦粉を固く溶いて刻んだ行者ニンニクを加えてよく混ぜ、ごま油で焼いたたらし焼き。チジミとも言うが、これが今夜の主食になった。色味に人参を薄く刻んで混ぜた。
 
R0023566
 
 残った行者ニンニクは煮沸した瓶に詰めて醤油漬けにした。これは冷蔵庫に入れて置けば長く持つので後日のつまみ用。
 長南さん、ありがとうございました。またよろしくお願いします(^^)
 
 
 
 
 

« 縫製名人の取材 | トップページ | 秩父生茶の取材 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1491207/70592458

この記事へのトラックバック一覧です: 行者ニンニクが来た:

« 縫製名人の取材 | トップページ | 秩父生茶の取材 »