« 高野山から吉野山へ | トップページ | 名古屋から帰宅 »

2017年3月11日 (土)

吉野から名古屋へ

R0022785
 
 吉野元湯の温泉と料理は最高だった。島崎藤村が滞在したという宿で、ぬるめの温泉と細やかな味付けの懐石料理を堪能した。今回の旅一番の贅沢をした気分。
 朝食も素晴らしかった。また再訪したい宿のひとつになった。出来れば桜の花が咲く頃に来られればいいなあと思う。
 
R0022790_2
 
 吉野神社は後醍醐天皇を静める社。平安時代さながらの装束で神職が朝餉を捧げる場面に巡り合わせ、じっくりと所作を拝観する。南北朝時代からずっと続く所作を見ながら、歴史の舞台であった吉野を実感する時間だった。
 後ろ髪を引かれる思いで吉野を後にして名古屋を目指す。途中の道の駅でせんとくん人形を発見し、記念写真を撮る。生せんとくんを初めて見たが、あまり可愛くないのがいいのだとわかった。
 
R0022795
 
 順調に名古屋まで走ったのだが、高速を下りる場所を間違えて一時間ほどロス。名古屋はさすがに車が多い。駅前のホテルにチェックインしたのが3時だった。
 ここからはカミさんの希望でなばなの里に向かう。日本一のイルミネーションがある場所で、旅のフィナーレにしようという計画だ。今までは自分の見たい場所ばかり回って来たので、最後はカミさんの希望に応えようというゴマすり。まあ、自分でも見てみたい場所ではあったが、一人だったら多分行かない場所かもしれない。
 
R0022799
 
R0022806
 
 名古屋から直行バスで会場に行き、ビールを飲みながら6時10分の点灯を待つ。点灯の瞬間多勢の観客から歓声が上がる。さすがに日本一というだけあって、見事なイルミネーションだった。光のトンネルからメインステージへと一方通行を歩く。メインステージはこれがイルミネーションかという映像の素晴らしさに感心した。少し寒かったが、高野山の寒さに比べれば楽なもの。帰りもバスで座ってのんびり帰って来た。
 
R0022816
 
R0022825
 
 駅前のホテルは土曜日という事もあって夜も人が一杯で、カフェもバーも満席だった。外に出るのもおっくうなので、部屋でビールを飲んで最後の夜を過ごす。明日は熱田神宮に立ち寄って東名で一路帰宅の予定。長かった旅も明日終わる。あっという間の7日間だった。
 
R0022849

« 高野山から吉野山へ | トップページ | 名古屋から帰宅 »

コメント

お疲れさまでした。私も時間がほしいですが、なかなかできません(笑)。帰り道は特に気をつけて運転してくださいね。

NAKANOさん こんにちは
やっと実現しました。以前から紀伊半島を回ってみかたっかのですが、ちょうどレガシィラストランという事で思い切りました。本当に楽しい一週間でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1491207/69888174

この記事へのトラックバック一覧です: 吉野から名古屋へ:

« 高野山から吉野山へ | トップページ | 名古屋から帰宅 »