« 面影画がマンガに | トップページ | 藁葺き屋根の取材 »

2012年3月31日 (土)

酔仙 純米吟醸「絆」

Osake

 カミさんが西武で買ってきたお酒、酔仙 純米吟醸「絆」を飲んでいる。

 つまみは、この時期に一番美味しいと思っている「田ゼリ」のお浸し。きっぱりとしたセリの香り。噛み締める春の味を、サラリとした純米吟醸で流し込む。至福の時。

 酔仙酒造のハッピを着ていた人を見たので、思わず買ってしまったそうな。陸前高田の事を話したらとても喜んでいたとのこと。
 ラベルにこの酒を作るに至った由来が、細かい文字でプリントされているので紹介したい。

「東日本大震災から早、年の瀬を迎えました。この度、大英断をもって
 酒蔵を貸与などご支援を頂きました岩手銘醸株式会社様(銘柄:岩手誉)
 と更に繋がりを深めて参りたく酒をお譲り頂きご指導の上「絆」と題して
 企画いたしました。県央の水を知り尽くした岩手の底力を感じて頂ける酒
 質でございます。存分にご賞味いただければ幸いです。」

 このお酒を飲んでいる時に、陸前高田の友人から立て続けに二本の電話が入った。

 エレガンスイブのマンガを見たよ〜というもので、久しぶりに懐かしい人達と話す事が出来た。「今、こんなお酒を飲んでるんだよ〜」などと言いながら楽しいひとときを過ごした。

 何だか陸前高田に酔った一日。



« 面影画がマンガに | トップページ | 藁葺き屋根の取材 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 酔仙 純米吟醸「絆」:

« 面影画がマンガに | トップページ | 藁葺き屋根の取材 »