2019年3月14日 (木)

納豆作りをアップ

Nattou
 
 ホームページの山里の記憶コーナーに「納豆作り」をアップした。今回の取材で最も驚かされたのは90歳で現役という賀茂下琴さんの元気さだった。家内制手工業で納豆とうどんを作ってスーパーやデパートに卸している「かも食品」のオーナーでもあり工場長でもあった。
 納豆を作り始めて60年にもなるという。琴さんの昔話はとても興味深いものだった。苦労の連続だったという創業当時の話、忙しさで目が回りそうだった最盛期の話など聞いていても楽しかった。秩父に4軒あった納豆工場は今一軒だけになってしまった。
 
Photo
 
Img_1395
 
 作業が始まるとキビキビと指示を出し、蒸気の管理やパック詰めの先頭に立つ。機械が古くなって動作が混乱することもあり、何度か中断する場面もあった。機械修理の電話をして、すぐに手作業に切り替える。そんな仕事の流れを興味深く見させてもらった。元気な人の話を聞いていると元気をもらうという典型的な取材だった。
 ムロに入れられたパックは16時間かけて納豆になる。納豆は秩父市内のスーパーやデパートに卸される。その味を確かめたくて近くの矢尾百貨店に向かった。一階の食料品売り場にあた「かも食品」の製品は小粒納豆・北海道納豆・鍋焼きうどん・生うどんの4種類、全部買っても500円だった。
 
Img_1428
 
 
Img_1456
 
 自宅に帰った夜と翌日で納豆とうどんを試食してみた。北海道納豆はご飯のおかずで食べた。大粒の納豆は柔らかくて甘さがあり、粘りも強い納得の味だった。小粒納豆は納豆オムレツにして食べた。鍋焼きうどんは火にかけるだけで食べられる便利なひと品。生うどんは12分ほど茹でて掛けうどんにして食べた。腰のある麺だったが、二回目に食べた時は柔らかくなっていた。生活の中に浸透する味の商品。地味だけど日々の暮らしに欠かせない商品として愛されていることが伺えた。
 
Img_1465
 
 60年間秩父の食を支えてきた仕事。琴さんは必死に頑張っただけだと言う。こうして続いている事それこそが味を支持されている証明だ。琴さんの納豆やうどんを食べて多くの人が育ってきた。ひとりの人間が存在し、頑張ることが多くの人に影響を与える。自分が考えるよりもその影響は大きいのかもしれない。その関係性の連鎖が社会というものなのだろう。90歳で現役、頑張る女性の姿が様々な事を教えてくれた。
 
 
 
 
 

2019年3月 8日 (金)

絵を届けて節分草

Img_1488
 
 3月7日、小鹿野の河原沢に絵を届けに行った。絵を届けたのは「蕎麦まんじゅう」の福島ゆり子さん。朝から雨が降っていたのだが、秩父に入ると雨も上がり、快適なドライブになった。大きな梅の木が満開の花を咲かせているゆり子さんの家に着き、挨拶をして絵を渡す。ご主人の寿夫さんが絵をとても喜んでくれたのが嬉しかった。
 
Img_1491
 
 ちょうど昼時だったので、ゆり子さんが「食べていきない」と昼食を準備してくれた。ギンナンの炊き込みご飯に白菜の味噌汁。インゲンと竹輪の煮物。玉コンニャクとキュウリのサラダと沢庵漬け。豪華な昼食をごちそうになり、「明日から出かけるから料理を持って行かないかい?」と言われ、ありがたくお土産に頂く。料理上手なゆり子さんのお土産が今晩の夕食になりそうだ。
 
Img_1502
 
Img_1501
 
 午後は両神の小森・堂上にある節分草の自生地に走る。節分草はまさに春の妖精・スプリングエフェメラル。今の時期にしか見られない花。秩父でもここしか大きな自生地はない。大きなカエデやケヤキの林の林床が自生地になっている。気温や湿度・採光などの条件が揃ってはじめて芽吹く春の妖精。小さな花だが近くで見ると高貴な雰囲気がすばらしい花だ。それが群れて白い絨毯のように広がっている。素晴らしい光景だ。
 
Img_1500
 
Img_1503
 
 節分草に感動して時間を過ごしてから、大堤の森越勝治さんに頼まれていた4冊の本を届けに行く。奥さんのみどりさんが面影画を読んでくれるというのが嬉しかった。
 次は薄の湯本賀久さん宅に本を届け、今年の猟の様子を聞いた。害獣駆除の数字や各地の動物の動静を聞いた。湯本さんにはいつも良い勉強をさせてもらっている。
 帰り道の横瀬で神辺竹次さんに頼まれていた5冊の本を届けた。
 
 朝から雨が降っている日で、日中は上がっていたが夕方からは土砂降りの雨になった。帰りは夜になったしまったが、何人もの人に会っていろいろな話が出来たので楽しい一日だった。
 
 
 

2019年3月 6日 (水)

レッズ初勝利

Img_1471
 
 サイスタでのACL初戦に参戦。相手はタイのプリーラム・ユナイテッド。最近実力が上がってきているタイのチャンピオンチームだ。
 レッズはここまで公式戦三戦無得点という厳しい立ち上がりだった。このACL初戦も楽観できないチーム状況だった。「今日は引き分けでもオンの字かなあ…」などと悲観的な思いを感じながらサイスタに到着。夕飯を食べ、ホットウイスキーを飲み体を暖めてキックオフを待つ。久し振りのサイスタだがいまいち盛り上がらない。
 
Img_1477
 
Kuroo
 
 試合は思った通り攻めあぐねる展開。相手のカウンターが稚拙だったので助かった。前半は0対0でハーフタイム。これといった内容のない戦いに少し焦りを感じた。
 後半は選手の動きが良くなり、ゴール前の攻めが増えて来た。応援の声も大きくなって来た時間のコーナーキック。槇野がドンピシャのタイミングでゴールに叩き込み先制。これが嬉しかった。今季レッズの初ゴールは槇野だった。お祭り男の本領発揮だ。
 
Tokluten
 
 その後は意外にも橋岡が二得点の大活躍。右サイドバックで起点になるのが仕事だったが、今日はフィニッシュを極めた。大活躍にスタジアムも歓声と拍手に包まれた。ACLの戦いはJリーグよりも面白い。緊張感もあるし、展開も意外なものになることが多い。
 雨予想の中でも二万人を越えるサポーターが参戦した。みんなACLの戦いの面白さを知っているからなのだろう、応援の声も大きい。3対0の完勝。
 
Img_1482
 
 お陰様でレッズの今季初勝利を見る事が出来た。選手の頑張りに感謝。さあ、次はJリーグで見せてくれ。頼むから。
 
Img_1483
 

2019年3月 1日 (金)

納豆作りの取材

Img_1440
 
 2月28日、秩父市内で納豆作りの取材をした。朝五時起きで取材に行ったのは秩父市上町の賀茂下琴(かもしたこと)さん(90歳)だった。琴さんは90歳の今も現役で、自宅兼工場の「かも食品」という会社で納豆とうどんを製造している。昔ながらの家内制手工業で納豆を作っているのは秩父でここだけだ。昭和34年から始めた納豆作り、今年で60年になる。
 
Img_1400
 
 納豆は在庫がなくなったら作る。最近はあまり売れなくなって作る数も少なくなってきたという。昔は集落毎に小さい商店があり、どこでも扱ってくれた。しかし最近は商店がどんどんなくなり、スーパーや大型店しか扱わなくなってしまった。
 朝8時にボイラーの火を入れるという事で早朝の取材となった次第。琴さんは娘さんやお手伝いの二人に細かい指示を出しながら作業を進める。大きな圧力釜を動かして二種類の大豆を蒸し上げ、重さを計りながらパック詰めをする。40度のムロに収納すれば作業は終了。パックはムロで16時間保温され納豆になる。
 
Img_1416
 
Img_1427
 
 作業の後、炬燵でお茶を飲みながら昔の話を聞いた。苦労の連続だった納豆作りの話は貴重な昔話だった。本当に元気な人で、話を聞いていても90歳という年齢を感じない。最近転んで少し元気がなくなったと言い「転ばなけりゃ今でもいばってやってたよ」と笑う豪快な人だった。こういう人の話を聞くとこちらが元気をもらう。
 
Img_1438
 
 作っている納豆はまだ製品ではないので帰り道に矢尾百貨店に寄って「かも食品」の納豆とうどんを購入した。4品買って500円。自宅で味わう楽しみが出来た。
 この季節には珍しく雨が土砂降りの日だった。雁坂峠では雪になっていたらしい。秩父市内は気温が5度くらいまで下がっていただろうか。雨に煙った梅の花が清々しかった。
 
Img_1465
 
 取材後、荒川の友人宅に本を届けて懐かしい顔ぶれに会って楽しい時間を過ごした。みんな本を待っていてくれて昔話に花が咲いた。ありがたいことだった。
 
 
 
 

2019年2月27日 (水)

蕎麦まんじゅうをアップ

Sobamanjyuu
 
 ホームページの山里の記憶コーナーに「蕎麦まんじゅう」をアップした。奇跡のような偶然で始まった取材だったが、トントン拍子で進み、とても良い取材が出来た。茹でて作る蕎麦まんじゅうは初めてだったので興味深く見させてもらった。出来上がった蕎麦まんじゅうを四つ別にして「新しく作ったもんはまず神様と仏様に進ぜるんだぃね…」というゆり子さんに新鮮な感動を頂いた。
 
Img_1249
 
Img_1269
 
 昔は誰でも自然にそうしていた。いつの間にか神様も仏様も遠い存在になってしまったが、昔はとても身近にいた。毎日手を合わせる習慣が自然に身についていたはずだった。自分はいつから神様・仏様を客観的に眺めるようになってしまったのだろうか…。ゆり子さんの何気ない行動に頭を殴られたようだった。心の中で大きな反省をした。
 
Img_1277
 
 出来上がった蕎麦まんじゅうは食べ応えがあった。ゆり子さんが作った白菜漬けときゃらぶきも美味しかった。一緒に食べると味が相互補完して旨さが倍増した。土地の食べ物はその土地で食べるのが一番だ。多分同じ材料で自宅で作ってもこの味にはならない。
 炬燵で二人から昔の話を聞いて、笑い合いながら食べるからこの味になるのかもしれない。神様も仏様もすぐ近くにいるこの場所だからこそ、この味になるのかもしれない。
 
Img_1296
 
 毎年五月に子供や孫が来て、草餅を大量につくのが恒例になっているという。山の緑が耀く最高の季節に子供や孫達と食べる草餅は最高だという。たくさんの写真を見せてもらった。子供が家を継ぐのは仕事の関係で難しい。ならば一番いい季節にみんなで集まろう。「昔のように手をかけて作りたいんだぃね…」というゆり子さんの言葉が心に残った取材だった。
 
Img_1301
 

2019年2月25日 (月)

紙漉きと秩父紅

Img_1315
 
 2月24日、秩父に行った。「おがの紙漉き伝承倶楽部」の紙漉き作業を手伝う為だった。朝6時半に家を出て、会場の倉尾に着いたのは9時過ぎ。ちょうど作業が始まったところで、挨拶をして作業に加わる。昨日漉いて重ねて水分を絞った和紙を一枚一枚剥がして杉板に貼り付けて乾かす作業だった。
 私は地元の飯塚さんと組んで一山を担当する。飯塚さんの鮮やかな作業をまねて一枚一枚慎重に剥がす。神経を使うのと、中腰が響いて腰が痛くなるが、せっかく漉いた和紙を駄目にしたくないので慎重に作業する。和紙を貼った杉板がどんどん増えてゆく。晴れて風のない日だったので助かった。杉板に貼った和紙の白さがまぶしい。
 
Img_1324
 
 昼食はかとーゆーこさんが作ってくれたラーメンを食べる。この山の中で温かいラーメンが食べられるとは思っていなかったので嬉しかった。みんなで「旨い旨い」と大評判。手伝いもこういうご褒美があるから嬉しい。
 
Img_1347
 
 午後は会員の皆さんが交代で紙漉き作業。これはさすがに見ているだけだった。山中正彦さんの鮮やかな手さばきに見ほれてしまった。こうして昔の技が伝承されて行くのは本当に嬉しい。会員の熱意に感謝の思いしかない。
 
Img_1330
 
 午後二時、ムクゲ自然公園に行く。オーナーの長谷川さんに本のパンフレットを置いていただき、ストーブの横で四方山話に花を咲かせる。山里の記憶第6巻は評判になっていて何冊か売れているとのこと、ありがたいことだ。
 知り合いを何人か紹介していただきいろいろな話が出来て楽しかった。記念写真なども撮っていただき、何やら恥ずかしいような気分。
 
Img_1357
 
 ムクゲ自然公園には珍しい「秩父紅」という福寿草があり、満開になっていた。日曜日とあって多くの人がカメラを持参して見に来ていた。満開の秩父紅はほんとうにきれいで、ロウバイの香りが漂う園内は幸せな空間だった。風もなく暖かい日だったので、座り込んで香りと花を楽しんでいた。こういう時間も必要なものだなあと実感した。
 
Img_1358
 
Img_1363
 

2019年2月16日 (土)

絵を届けてそばまんじゅうの取材

Img_1204
 
 2月15日、「秩父メープル」の絵を届けに行った。朝早くから忙しい黒澤保夫さんと秩父市内で連絡を取り合って、影森のセブンイレブンで待ち合わせた。偶然近くにいたという急な展開だったが、無事に出会えて絵を渡すことが出来て良かった。
 その後は大滝の大久保まで本を届けに行き、帰りに三十槌の「氷柱」を見学した。天然氷の氷柱は見事だったが、とにかく寒かった。
 
Img_1215
 
 昼は両神の「ななたき」で食べ、小鹿野の「まる銀・たじま」で休憩。同級生の店主と他愛ない世間話や釣り談義で盛り上がっていた。たまたまそこに居合わせた河原沢のご夫婦に店主夫人が声をかけて紹介された。話をしているうちに「今日、そばまんじゅうを作る予定なんだ…」と聞き、すぐに取材を申し込んだ。快く引き受けていただき、そのまま取材になった。
 なんという偶然と幸運。こんな事もあるのかと運の良さにびっくりしてしまった。
 
Img_1292
 
 急なお願いを聞いて頂いたのは河原沢の福島ゆり子さん(70歳)で、橋詰のご自宅に伺ってそばまんじゅう作りを取材させていただいた。
 ゆり子さんのそばまんじゅうは蕎麦粉とうどん粉が1対2の割合で生地をこねる。生地は熱湯でこねる。小豆餡は昨夜作ったもので、自分の畑で作った小豆を使っている。出来上がった餡をゴルフボール大に丸くしてタッパーに並べて餡の準備は完了。
 生地を耳たぶくらいの柔らかさにこね、ちぎって手の平で平らに伸ばし、餡をくるんで丸める。粉をふってトレイにくっつかないようにする。
 
Img_1235
 
 大きな鍋に湯を沸かし、沸騰したらまんじゅうを入れる。そう、ゆり子さんのそばまんじゅうは茹でまんじゅうだった。茹でまんじゅうは初めてだったので興味深く様子を見た。最初は底にくっつく感じだったまんじゅうが10分程茹でると浮くような感じになる。くっつかないようにしゃもじでかき回しているとその感じがわかる。「浮くって言ってもプカプカ浮く訳じゃないんだぃね…」という言葉が何となくわかる。
 
Img_1239
 
Img_1260
 
Img_1272
 
 茹で上がったまんじゅうを水のうでショウギに上げ、うちわで扇いで冷ます。冷めたらオーブンで焼き色が付くまで焼いて出来上がりだ。さっそく頂いたのだが、食べ応えのあるまんじゅうで、噛んでいると蕎麦の香りが立ってくる。控えめな甘さの粒餡も相性がいい。「昔は石臼で蕎麦を挽いて粗いところをまんじゅうにしたんだぃね、だから香りが良かったんだぃ」とご主人の寿夫さん(73歳)も昔を懐かしむ。
 初めてのそばまんじゅう、初めての茹でまんじゅうという貴重な取材が出来た。がんばって良い絵を描きたいと思う。
 
 
 
 
 

2019年2月14日 (木)

秩父メープルをアップ

Titibumaple
 
 ホームページの山里の記憶コーナーに「秩父メープル」をアップした。取材したのは大滝・鶉平(うずらだいら)の黒澤保夫さんで、カエデ樹液の採取から利用・山の再生などの話を聞かせていただいた。この取材で感じたのは、秩父林業の再生という難しい課題に正面から取り組む人々の奮闘する姿だった。
 50年生のヒノキ一本を売っても経費を除くと千円にしかならない現状では林業は成り立たない。山に囲まれた地域でどうやって山を活かすのかは大きな課題だった。そこにカエデ樹液という新しい素材が見つかった。樹液からメープルシロップを作るという新しい産業の道が見えた。これは大きく報道され、大きな関心を集めた。そして事業化と商品化が進み、秩父メープルは一つの林業資産になろうとしている。
 
Img_1120
 
 ただ、課題も多い。これだけで食べて行ける規模にはならないからだ。兼業林家も高齢化が進んでおり、体力を使う作業が負担になっている。カナダのようにメープルが平地に林立している場所なら問題ないが、秩父では道なき道を歩き、急斜面を昇ってタンクを取り付け、運び下ろさなければならない。その負担は想像以上に大きい。
 それでも「秩父樹液生産協同組合」のメンバーは多くの期待に応えるために山を歩き続けている。多くの可能性を感じながらも、樹液の採取は一気に増やせるものではない。賛助会員の募集もやっているし、協力者も募っている。動きはじめた産業への細い道を少しでも太くしたいと願っている。秩父の林業が見直される日を目指して。
 
Img_1099
 
 取材した夕暮キャンプ場にはたくさんの白いポリタンクが木に付けられていた。このキャンプ場は大正時代に丸共という材木会社が原生林切り出しに使っていた場所で、オーナーの歌人・前田夕暮が住んでいた場所でもある。両神の滝前からここに移って材木を切り出していた夕暮が詠んだ歌碑が建てられていた。歌碑には
「山を開き土を平坦(なら)して建てし工場(いえ)その隅にしろし栃の太幹(ふとみき)」という歌が刻まれている。
 
Img_1117
 
 それにしてもイタヤカエデのシロップは旨かった。メープル特有のあの芳醇な香りと甘さが山の木から採れるなんて信じられない。すごい宝があったものだ。
 
Img_1136
 

2019年2月 8日 (金)

本を届ける

Img_1153
 
 2月6日と7日の二日間、秩父を回って注文された本を届けた。本は出版社に注文する人がほとんどなのだが、親しい人は自宅に注文してくれる。送料もばかにならないのでまとめて配達に行くのが恒例になっている。
 大量の注文は本当にありがたい。多くの人の分を取りまとめていただき、本を配ってもらえるのが嬉しい。感謝の言葉なども届けたいので、一軒ごとに上がりこんでお茶を頂きながら話し込む。二年間の努力が酬われた気分になる時でもある。
 
Img_1157
 
 秩父の滝ノ上町、中山さんに10冊を届ける。上吉田の橋本さんに5冊を届ける。馬上の酒井さんに12冊の本を届け。昼時だということで山のようなごちそうに預かる。野菜や果物のお土産をいっぱい頂いた。
 下小鹿野の柴崎さんに5冊の本を届け、彦久保さんに5冊の本を届ける。上がりこんでお茶を頂きながら四方山話。知り合いの近況を訪ねる。皆さん元気な様子なので一安心する。
 般若の倉林さんの本を届けて話し込む。ご夫婦がどとらも元気だったので良かった。
 
Img_1168
 
 夕方になったので星音の湯に行って温泉で一日の疲れを流す。たくさんの人と会って色々な話をしたので頭の整理をしなければならない。
 夜は兄の家に4冊の本を置き泊まる。久し振りの宴会、ごちそうで体が重くなる。朝はお墓参りをして本の出来上がりを鬼籍の父母に報告する。二年間の区切りでもある。
 
Img_1169
 
 二日目、大滝・大輪の山麓亭に千島さんを訪ね、本を届ける。充子さんの花豆をお土産に戴き、ごきげんになる。次の約束時間まで一時間あったので神庭の洞窟縄文遺跡を見学する。縄文時代の生活を洞窟の中で様々に想像する。楽しい一時間だった。
 
Img_1172
 
 大滝・大久保の千島さん宅に伺い、5冊の本を届ける。ご主人がカツ丼を作ったので食べていけと言われてごちそうに預かる。友人の清川さんと空き家対策について語り合う。おなめとでえらをお土産に頂く。次は三十槌の磯田さん宅に伺い、15冊の本を届ける。おいしい栃餅と漬物をお土産に頂く。最後は両神の出浦さんに5冊の本を届けて刃物談義が弾む。
 
Img_1182
 
 70冊の本を持って出たのだが、出浦さんに渡した分で全部終わってしまった。もっともっと回りたかったのだが本がなくなってしまったので改めて後日に行く事にした。出版社に急遽50冊を注文した。こんなに本が出るなんて本当にありがたい事だ。
 
 
 
 
 

2019年1月30日 (水)

本が出来た

Photo
 
 本日待ちに待った「秩父 山里の記憶・第6巻」が出来上がって送られて来た。心配していた色の上がりがとても良く、満足のゆく出来上がりだったのでほっとした。
 今回は校正の段階で心配なことが色々あったので、こうして出来上がった本を見ると感慨深いものがある。何より、表紙の色が明るくて良い。稲穂と新緑をイメージした若草色なのだが、本紙がマーメイドという色が濃くなる紙質なので心配していたのだが杞憂だった。とにかく良い出来上がりでよかった。
 
Img_1149
 
 さて、これからサイン本作りが始まる。明日、出版社に行って150冊のサインを書かなければならない。これがすごく神経を使う作業なのでとても疲れる。字は下手だし、手が震えるし、失敗は出来ないという、あまり気が進まない作業なのだが、やらなければならない。
 明後日は自宅用の100冊にサインする。たぶんこの二日間でぐったり疲れる予定。
 その後はモデルさんへのお礼状と、本の贈呈分を送る作業が待っている。これもあれこれ気を使う作業だ。送料も自己負担なのでバカにならない。
 週明けには、秩父の私に本を注文してくれた皆さんに本を届けに行かなければならない。
 
Img_1150
 
 いろいろやることは多いが、出来上がった満足感で充実した気分でいられることがありがたい。待っている人がいるということは贅沢な事だと思う。また、多くのモデルさんに本が間に合った事も素直に喜びたい。35人の人生を、一部であろうとこういう形で残せたことに満足している。
 
 モデルさん、協力してくれた皆さん、応援してくれる皆さん、出版社、全てに感謝したい。
 ありがとうございました。
 
Img_1152
 

«秩父メープルの取材