2020年9月18日 (金)

秋田で釣り

Img_5407

 秋田の西木に来ている。毎年恒例になっている秋の釣りだ。西木クリオンの自炊棟に泊まって二日間の釣りを楽しむ。

 
 今日は朝から雨でどうしようかと思ったのだが、昼には小降りになる予報だなのでいつもの川に向かった。ところがいつも入る場所に車が止まっている。これはダメだと方向転換。阿仁川の支流に向かう。秋田は九月二十日で禁漁になるので釣り人が多い。いつもは人など見かけない川なのだが、下流で二人の釣り人発見。いざ川に入ろうと思った所に軽トラが止まって、これも釣り人だった。会釈して先に入らせてもらう。早いもん勝ちさあ・・・

Img_5409  

 

 Img_5414

 雨は間断なく降っているが、魚の機嫌は良かった。入渓した場所には先行者がおらず、楽しい釣りができた。六月も雨だった。あの時は濁流になってしまったが、今日の雨はシトシト雨だったので雑炊もそこそこで遡行も楽だった。
 二時半にいつもの脱渓点に到着、まだ時間が早いので少し釣り上がったら大きなイワナが釣れた。二十八センチの丸々したイワナで今期一番立派なイワナだった。これが釣れたので満足してそのまま脱渓した。結局十二尾のヤマメとイワナを釣った。ツが抜ければ大満足だが、バラした3尾が大きかったのが心残りだ。

 

Img_5420

 

Img_5425

 

 いい川でいい景色を見ながらいいヤマメとイワナに遊んでもらった。満足、満足。

Img_5428

2020年9月15日 (火)

ストーブ当番

Photo_20200915142701

ホームページの山里の記憶コーナーに「ストーブ当番」をアップした。
 小学生の頃、冬になるとストーブ当番というのがあった。普通の子供が一日だけ特別の存在になれる楽しみな日だった。寒い朝、みんなより早く学校に行き、石炭ストーブに火を焚いて教室を暖めておくのが仕事だった。寒かったけど、みんなの役に立って喜ばれる当番で、特別な日だった。

Photo_20200915142602  

 

 まだガスのなかった時代、子供でも囲炉裏やカマドの火燃しは普通に出来た。ストーブの火を焚くなどというのは朝飯前で、誰も疑問にも思わなかった。家の仕事を手伝うのも当たり前なのだから、学校のストーブ当番にも何の疑問も持たなかった。何なら同級生の誰かの代わりにやってもいいと思うくらい楽しみな日でもあった。

 

Photo_20200915142801

 

 当時のストーブは鋳物製の大きなもので、石炭を燃やすと胴の鉄が真っ赤になる程熱くなった。熱くなりすぎるのもダメで、火の勢いを調整するのも当番の仕事だった。調整が上手くいかないとみんなの顰蹙を買う。調整が上手ければ。上手な当番として賞賛された。
 一番のポイントは火つけがスムーズに出来る事。無駄な木を使わず最短ルートで石炭に着火出来ると子供ながらガッツポーズが出たものだった。着火に手間取ってみんなが来てもストーブが暖かくない状態は最悪だった。焦る気持ちと、みんなの「寒いよお」という声が小さい背中にのしかかった。

 

Photo_20200915142601

 

Photo_20200915142603

 

 ストーブの周りで色々遊んだのもいい思い出だ。給食の冷たいコッペパンをストーブに押し付けて焼いて食べるとカリカリして美味かった。先生に見つからないようにやるのだが、女子に密告されて先生から怒られることもしばしばだった。席替えも楽しみの一つで、ストーブに近い席になるとすごく嬉しかったのを覚えている。

 

Photo_20200915142604

 

 当時は今よりも冬が寒かった。十二月になると立っているだけで足底が凍るような気がするほど寒かった。粗末な靴や着物しかなかったからそう感じたのかもしれないが、それでも今よりずっと寒かったと思う。雪や氷の量がずっと多かったし、ずっと残っていた。
 そんな子供の世界で学校の石炭ストーブは救世主だった。学校にいる間は寒さをしのぐ事が出来た。濡れたものを乾かすこともできた。冬のストーブは様々な思い出を残してくれた。

 

 

 

2020年9月 7日 (月)

「ボヤまるき」をアップ

905

ホームページの山里の記憶コーナーに「ボヤまるき」をアップした。
 現在、新型コロナ感染防止の観点から、秩父に出かけての取材を遠慮している。このままでいいのかと色々考えた結果、自分の昔の記憶を絵にしてみる事にした。子供時代のあれこれを思い出しながら漫画風のイラストに描いてみようと思いついた。
 考えてみれば「山里の記憶」は自分の子供時代の記憶を探して取材を始めたような経由だったので、原点回帰と言えるかもしれない。これなら秩父まで取材に行かなくても作品を描くことができる。コロナの時代、新しい生活が求められている。取材も含めて、新しい可能性を探さなければならないと考えた結果がこの作品になった。
 

9043

 

9045

 

9046

 
 ボヤとは山に落ちている枯れ枝のこと。まるくというのは秩父弁で束にすること。ボヤまるきとは焚き付けにする枯れ枝を山で集めてくる子供の仕事だった。
 プロパンガスが家に到来するまでの時代、囲炉裏やカマドで火を燃やして煮炊き、暖房に利用していた。焚き付け用の枯れ枝はいくらでも需要があり、それを絶やさないようにするは子供の仕事だった。晴れた休みの日や学校に行く前の早朝、山に走り、枯れ枝を拾い集めて束にして背負ってきたものだった。懐かしい思い出だが、昔はみんなこうだった。
 

9044

 
 そんな昔の、子供時代の思い出をこれから少しずつ絵にして行きたい。どんな作品が出来上がるか全くわからないが当分の間、昔を思い出すことが多くなりそうだ。

 

 

 

 

2020年8月23日 (日)

千鹿谷鉱泉

Img_5387

 8月22日、朝早くJICKYさんのプログで千鹿谷鉱泉最後の日だと気がつき、急遽秩父に出かけた。450年間続いた歴史ある鉱泉が今日で閉館になる。これは行かなければならない。山里の記憶でも取材していて、こんな展開になるとは思わなかったからだ。
 昼近くに着いた千鹿谷鉱泉は何だか賑わっていた。若者が三人、写真を撮りあっている。停まっている車には何やら温泉マークのステッカーが貼ってある。最後の千鹿谷鉱泉を楽しんでいるのだろうか。
 

Img_5388

 
 玄関に入り、受付のノートに名前を書き込む。館主の書いた閉館のお知らせをじっくりと読む。今日で閉館なのだとしみじみと感じる。しかし、床に置かれた挨拶文を見たら22日に横線が引かれて28日に訂正してあった。最後の日は28日まで伸びたようだ。
 

Img_5389

 
 安心して料金箱に千円を入れて、早速入浴する。幸い一人で満喫することができた。滑らかなお湯を堪能し、次に来る人のために早めに上がる。
 玄関から出ると駐車場に車が次々にやって来ている。バイクに乗った若者も来た。山登りの格好で首にタオルを巻いた若い女性もやって来た。軽く挨拶をして車に戻る。みんな千鹿谷鉱泉の最後を見届けにきた人たちだ。こんなに密かに愛されていた鉱泉だったんだと驚かされた。
 

Img_5390

 

Img_5392

 
 看守の挨拶文には何年か後に再開できたらと書いてあった。どんな形でもいいからこの鉱泉を残してほしいものだと思う。本当に肌当たりのいい極上の温泉なのだ。
 巡礼宿の湯としての歴史もまた残ることになる。江戸時代から札所巡りの人たちに安らぎと休息を与えてくれたお湯だった。秩父の歴史そのものでもある。

Img_5394

 

Img_5395

2020年8月19日 (水)

涼を求めて

Img_5328

 連日の猛暑に体の調子もおかしくなったようで、1日だけ涼を求めて渓流に行ってきた。行ったのは那須のホームリバー。珍しく駐車場には車が一台しかなかった。川は渇水しているが、思い切って奥に入ることにした。林道を1時間歩き、前回脱渓した場所から入渓する。
 1時間歩くと汗が噴き出すが、川に入って冷たい水で顔や手を洗うとすぐにスッキリする。東京が信じられないくらい渓流は涼しい。水に浸かった足は冷たくて痛いようだ。とにかく気持ちいい。
 

Img_5330

 

Img_5331

 
 入渓早々瀬で魚が走り、先行者がないことを知る。渇水していてポイントは限られるがゆっくり釣り上がる。淵に定位しているヤマメに毛針を振るが、見にきてゆっくり帰ってゆく。魚はいるが12番のデカイ毛針は確実に見切られている。
 瀬の流心で反応があり、いい型のヤマメが釣れた。これでボウズがなくなりホッと一安心。周りの景色や涼しさを楽しむ余裕ができた。強烈な日差しと日陰の暗さで水面の毛針が見にくいが、焦らず遡行する。涼しい風が顔に気持ちいい。
 

Img_5332

 

Img_5349

 
 この日はいい型の魚が釣れて楽しかった。9寸のイワナが3尾、8寸のヤマメが1尾。他に普通サイズのイワナが2尾とヤマメが1尾と満足の釣りができた。Uターンされた魚は数知れず。8月にこんな釣りができるとは思わなかった。
 涼しさに浸り、魚と遊び、渓流の緑に染まり、とてもいい気分転換になった1日だった。

 Img_5355

 

Img_5366

2020年8月 2日 (日)

千島昇三写真展

Img_5311

 8月1日、秩父市宮川町の上石ギャラリーで開催されている「千島昇三展」を見に行った。千島さんは「山里の記憶」のスタッフとしてモデルさんの紹介や展覧会の設置などに協力していただいている。日頃お世話になっている人の写真展なので、時節柄、遠慮しながらどこにも寄らず、作品を見させていただいた。
 

Img_5314

 

Img_5315

 

 千島さんが活動している「あじさい祭り」の作業風景や秩父イワナの飼育に関する写真などが倉を改造したギャラリーの壁に掲出されていた。一枚ごとに作者が背景を説見してくれて、興味深い写真ばかりだった。秩父イワナのコーナーには私が描いた保存会会長の絵が掲げられている。千島さんに依頼されて貸し出した原画だ。懐かしい人の話をしながら楽しい時間を過ごした。
 

Img_5319

 
 千島昇三展は8月1日から31日までと期間が長い。来場者が密にならないように長期間にしたという作者の配慮だった。期間中展示替えもあるようで、近くの方は是非足を運んでいただきたい。
 

Img_5324

 
 会場で会った櫻井さんご夫妻と隣のレストランでお茶をしながら久しぶりの再会に話が弾んだ。外出自粛が続いているが、こうして久しぶりに会うとやはり楽しい。
 「山里の記憶」が取材ストップしているのをみんなが心配してくれた。今の状況では進めたくても進められないのが歯がゆい。

 

 

 

 

2020年7月28日 (火)

アマビエ様31〜33

S_20200728122001

アマビエその31
 本日のアマビエ様は弁才天様に憑依して水神様と一緒に疫病退散の巡回をしております。弁才天様は弁財天とも書きますが、元々は水の神様だったようです。様々な形に変化されて今に至りますが、七福神のお一人として有名な神様です。
 緊急事態宣言の解除が見えてきたこの時、外出自粛を頑張っているすべての皆さんが福を授かりますように願いを込めて描かせていただきました。もう少しです、頑張りましょう。

 

S_20200728122002
アマビエその32
 本日のアマビエ様は神話の時代に出張です。神話に登場する神様の中でもっとも荒ぶる神様と言われるスサノオ命と合体し、強大な荒ぶる魂で疫病退散を叫んでいます。絵はヤマタノオロチを退治した時のもの。大蛇の尾から取り出した草薙剣が皇室の三種の神器となったことはご存知の通りです。
 この神様。クシナダヒメを妻として初めての和歌を詠んだと言われ、縁結びの神様としても知られています。まっすぐな応援をコロナで疲れたすべての皆様にお届けしたいものです。

 

S_20200728122003
アマビエその33
 本日のアマビエ様は鳳凰に変身して全国の皆さんに希望を届けようとしています。鳳凰は不死鳥とも呼ばれ、手塚治虫さんの火の鳥としても有名です。永遠の生命の象徴になった鳥です。外出自粛を頑張ってきたすべての皆さんに幸運と希望が届きますように。
 本日をもって緊急事態宣言が解除されるということです。ここまで挑戦してきた私のアマビエチャレンジも33作品をもって終了となります。応援していただいた皆様のおかげでなんとか描き続けることができました。本当にありがとうございました。毎日絵を描くことがこれほど大変な事だったとは・・・陸前高田の面影画ボランティアを思い出してしまいました。おかげさまで良い修行になりました。

 

 

 

 

アマビエ様26〜30

S_20200728121201

アマビエその26
 本日のアマビエ様は魔女に変身して夜警パトロール中です。長井さんの魔法使いというリクエストにお応え致しました。魔法使いというよりも魔女の宅急便のようになってしまいました。
 黒猫をセットにする仕様なので一緒に描いています。ついでにコウモリも入れました。夜に出歩く人を取り締まるというのは本末転倒な気もしますが、外出自粛は昼も夜もということですね。
 だいぶ感染者も少なくなって、緊急事態宣言の解除も見えてきました。再拡大などがないように一人一人が心したいものです。

 

S_20200728121204
アマビエその27
 本日のアマビエ様は天狗様に変身して空から疫病退散を叫んでいます。鼻の長い天狗様もいらっしゃいますが、今回は烏天狗様になっていただきました。なぜかというと、顔がアマビエ様と似ているからです。もともとくちばしの顔ですから。
 お天狗様は人を魔道に導く魔物と言われていましたが、最近は神様として祀られる例も増えました。天狗になると言われるくらい、慢心の権化ですが、今回は謙虚に疫病退散を導いていただきたいものです。

 

S_20200728121301
アマビエその28
 本日のアマビエ様は九州出身の先輩妖怪、河童様に憑依して水環境のコロナ対策に当たっていただいていました。共通な部分も多く、順調だった活動でしたが、この河童様、やけにプライドが高く「なんで有名な俺が無名の新人妖怪の真似なんかしなきゃいけねえんだ?」なんて言い出しました。果ては「消毒・消毒。コロナはアルコール消毒するっきゃねえ・・」なんて言いながら、キュウリをアテに酒を飲み始めてしまいました。こうなるともうダメです。能力がないのにプライドだけ高い・・・どこにでもいますが、典型的な役立たずでした。

 

S_20200728121203
アマビエその29
 本日のアマビエ様は、秋田のなまはげ様の紹介で来られた雪女様と合体して新しい技の習得に励みました。冷凍粉砕という技でコロナ菌を冷凍させて消滅させようというものでした。しかしこの技、
時期を間違えるとめちゃくちゃ効率が悪いということがわかりました。この暑い時期にフルパワーで技を駆使した結果、オーバーヒートしてしまい、早々にダウンするという情けない結果になってしまいました。冬にコロナが再発した時のために温存しようということで、雪女様にはお帰りいただきました。雪女様が頑張ってくれたせいでしょうか、今日は随分寒いですね。

 

S_20200728121202
アマビエその30
 本日のアマビエ様は平安時代に出張中です。輪入道様という妖怪に憑依して疫病退散の活動中です。この輪入道様は火炎車に入道の頭がついた妖怪で、見た人の魂を抜くと恐れられていたそうです。最近は見かけませんね。多分、魂を持った人がいなくなったせいかと思います。
 困った事は頭しかないので、アマビエ様の特徴である三本足、首から下の鱗が使えないのです。おまけに入道なので長い髪の毛も使えないのです。アマビエ様に見えないのではないかと心配していますが、火炎車の炎でコロナ菌を焼き尽くしていただきたいものです。

 

 

 

 

アマビエ様21〜25

S_20200728120001

アマビエ21
 本日のアマビエ様は神話の時代に出張です。今回は神武東征を導いたという八咫烏(やたがらす)様に変身しています。我々をコロナ清浄の地に導いてもらうようお願いしました。
 八咫烏様は日本サッカー協会のシンボルマークにもなっていますが、なぜ八咫烏なのかは諸説あるようです。私個人としては、勝利へ導く象徴として、また日本サッカーを世界の高みへと導いてくれる存在としての象徴なのだと考えています。

 

S_20200728120004
アマビエその22
 本日のアマビエ様は江戸時代に出張です。雷神様と合体して、コロナ消滅に向けて稲妻を発しております。なかなかすごい絵になっていますね。元気が出そうです。
 コロナウイルスは高温・多湿に弱いという話があります。まさに雷神様の活躍する時期と重なります。もしかしたら紫外線や雷も効くかもしれません。コロナウイルスが消滅するまで、アマビエ雷神様には頑張っていただきましょう。

 

S_20200728115604
アマビエその23
 本日のアマビエ様は昨日に引き続き江戸時代に出張中です。昨日の雷神様によるアマビエチャレンジを見た友人の風神様が「俺にもやらせろ」と協力を申し出てくださり、コロナ対策には換気が必要なこともあり、受けさせていただきました。
 ただ、このお方は少々お調子者でして、ちょっと目を離すとすぐに「ヒャッハー!」とか「オラー!」とかフルパワーで飛ばすので心配なのです。くれぐれも五月の薫風とか爽風で、せいぜい晴嵐の風くらいまでにしてくれと頼んでおります。どうもその時の気分でつむじ風や突風、果ては台風にまでなりそうで心配です。人選を間違えたかもしれません。

S_20200728120003
アマビエその24
 本日のアマビエ様はロックコンサートの会場に出張です。ところが、あまりのオーラの強さに憑依に失敗してしまいました。残念ながら単なる似顔絵になってしまいました。アマビエ様は会場の一番奥でゲーフラを掲げて応援しております。
 忌野清志郎・・・シャイで、母親思いで、絵描きで、自転車乗りで・・素敵な人でした。個人的にはタイマーズ時代のデイ・ドリーム・ビリーバーが一番好きな歌です。

 

S_20200728120002
アマビエその25
 本日のアマビエ様は那須に出張です。那須の殺生石に封印されていた九尾の狐を叩き起こし、疫病退散の列に加わってもらいました。このお狐様、有名なわりにどんな力があるのかよくわかっていません。その妖力や狐火がコロナウイルスに効くかどうか疑問な部分はありますが、頑張ってもらいたいと思います。妖狐としての実力を発揮していただきましょう。
 はて?、妖狐・・・ようこ・・・洋子! うちのカミさんの中身はこいつだったのか???

 

 

 

 

アマビエ様16〜20

S_20200728114701

アマビエその16
 本日のアマビエ様は三峰様(さんぽうさま)に乗り移り、ご眷属の白いお狗様(オオカミ)と共に疫病退散の巡回中です。三峰様とは、昨年の6月に発見した、秋田県仙北市西木町桧木内字堀内地区の山深くに鎮座する女神様です。
 赤い社の中、御眷属の白いお狗様二頭に護られて佇んでおられました。江戸時代から信仰されていた三峰様。名前の通り、秩父の三峯神社の末社でした。山の神で女神様というのは珍しく、その木像が美しかった事もあり、自分の中ではとても大切な神様の一つです。

 

S_20200728114704
アマビエその17
 四日間のお休みを終えて、再び修行の日々が始まりました。
 本日のアマビエ様は熊野本宮大社に出張です。巫女さんになって疫病退散の舞を舞っていただきました。今回の主役はアマビエ様というよりもこの文字です。
 熊野牛王神符または宝印神符とも呼ばれ、カラス文字で書かれた御神符です。鎌倉時代には「誓約書」となり、江戸時代には「起請文」の代わりとして用いられたものです。誓約を破ると血を吐き、地獄に落ちると信じられてきました。この御神符を携帯すれば全ての厄災から逃れられると言われています。カラス文字で「疫病退散」を描きました。

 

S_20200728114703
アマビエその18
 本日のアマビエ様は、中野さんからリクエスト頂いた「ヘビ」をテーマに描かせていただきました。最初に浮かんだのは楳図かずおの「ヘビ少女」だったのですが、昔ヘビ少女の漫画を見た時に怖くて寝られなくなったトラウマがあり、変更しました。で、こんなヘビになりました。
 本日のアマビエ様はメドゥサに変身してコロナ菌を消滅させてくれるそうです。見た者を石に変えるというメドゥサです。コロナ菌に目があるかどうかは少々疑問ですが、まあ頑張っていただきましょう。

 

S_20200728114702
アマビエその19
 本日のアマビエ様は神話の世界に出張です。猿田彦大神様から連絡があり、アマビエ様と合体して疫病退散の導きを行うことになりました。三本足仲間のヤタガラス様も加わり、強力な導きになりそうです。
 猿田彦大神は天孫降臨の瓊瓊杵尊を先導した神様です。導きの神、道開きの神とも呼ばれています。しかし、国津神仲間から見ると勝ち馬に乗った神様で、名前の派手さに比べて人気が高くありません(私見です)。本人も自覚していたのだと思います。忸怩たる思いもあったのでしょう。それが今回の申し出につながったのだと思います。アマビエ様と一体になり、コロナ菌のない清浄な地へと我々を導いてくれるものと思います。活躍に期待しましょう。

 

S_20200728114705
アマビエその20
 本日のアマビエ様はテレビ局に出張です。「妖怪演歌の花道」という番組で新曲を発表する予定です。アマビエ様は妖怪演歌界の女王と呼ばれており、期待の新作発表です。
 「妖怪演歌の花道!本日の大トリは、安 真美江さんの新曲です」
♪♪ チャララ〜〜ン ♪
 しみるね〜〜、こんな夜は一人でグラスを傾けてさ、しみじみ飲むのがいいんだよ・・
 しがない浮世の片隅に、咲いた一輪の花。 
 恨みつらみを胸に秘め、寂しさ抱いた女が一人。
 外出自粛のこんな世に、せめて光を届けたい。
 妖怪演歌の女王、安 真美江が皆様に送る絶唱
 期待の新曲「 疫病退散 」です。 どうぞ!!
♪♪ チャララ〜〜ン ♪ しみるねえ〜〜・・・

 

 

 

 

«アマビエ様11〜15