2021年8月 3日 (火)

おこあげをアップ

Photo_20210803153401

 瀬音ホームページの山里の記憶コーナーに「おこあげ」をアップした。中学生くらいまで家では養蚕をやっていた。秩父の農家はほとんどが養蚕をやっていたと思う。山にはたくさんの桑畑があり、朝飯前に桑の枝を切って運ぶのが子どもの仕事だった。学校に行く前に一仕事していたわけだ。
 養蚕の中で一番忙しいのが「おこあげ」と呼ばれる作業だった。正式には上蔟と書き、成熟した蚕を蚕カゴからマブシ(蔟)に移す作業だ。おこあげの日、子供は学校を休んで仕事を手伝うのがどの家でも当たり前だった。
 

Photo_20210803153403

 
 忙しい1日だったから必死で働いたのだが、何より学校を休めることが特別な1日だった。当時、学校の休みはおこあげの日と八幡様のお祭りの日だけだった。学校で前日に先生に「先生、明日おこあげなんで休みます」と言えば「おお、そうか、頑張ってな」と言って休ませてくれた。
 家の一番大切な仕事なので真剣にやるのは当たり前だったが、何より学校を休めるのが嬉しくて、ルンルン気分で家に帰ったことを覚えている。
 

Photo_20210803153402

 
 回転マブシを組み立てて二階の壁に立てかけて並べる。ボール紙製のマブシは折りたたみ式になっていて広げると四角になる。これを10段木枠にセットするのだが、子供は二人掛かりでやる大仕事だった。木枠が壊れていたり、ボール紙のマブシが破れていたりすると修理しながら組み立てた。
 おこあげの日は朝からとても忙しかった。子供の仕事も多かったので休む暇などなかった。助っ人の人もいていつもと違う1日だった。
 

Photo_20210803153405

 
 春蚕(はるご)、夏蚕(なつご)、秋蚕(あきご)と年に三回の養蚕だった。桑畑もそう多くはなかったしこれが最大限だったと思う。桑の葉が出ている時期はずっと養蚕で明け暮れていた。
 現金収入の道がこれしかなかったから、どの家も同じように養蚕に励んでいた。中学生になった頃から世間の様子が変わってきた。ナイロンやテトロンなどの化学繊維が市場を席巻し、絹糸の需要は激減した。農家の様子もガラリと代わり、高度経済成長の波は田舎の農家も直撃した。土木工事や道路工事で働く人が増え、桑畑はソバ畑に変わった。
 古き良き時代だったのかもしれない。養蚕で働いたことは子供時代の記憶に鮮やかに残っている。

Photo_20210803153404

2021年7月 6日 (火)

豆腐作りをアップ

Photo_20210706122101

 瀬音ホームページの山里の記憶コーナーに「豆腐作り」をアップした。子どもの頃、豆腐作りは年の瀬の集落行事だった。正月に使う豆腐をみんなで共同の大鍋を使って作ったものだった。
 寒い朝にモウモウと立ち昇る湯気やカマドの煙突から立ち昇る煙、大人たちがキビキビと動き回る光景が日常でない雰囲気で楽しかった。熱湯を扱うし、失敗できない作業だし、子どもたちには手出しができない豆腐作りの一日だった。

 

Photo_20210706122103

 

 それでも、あの豆乳の甘い香りがする湯気に顔を突っ込んだり、バケツを運ぶのを手伝ったり、大人の気分を味わいたい思いで邪魔しない程度に手伝いを狙ったりした。豆乳がおぼろ状に固まったり、型枠から豆腐が出てきたときなど手品を見ているような不思議な気持ちになったことを思い出す。湯気と香りと熱気とが相まって忘れられない子どもの頃の光景だ。

 

Photo_20210706122104

 

Photo_20210706122102

 

 思えば、自分の畑で作った大豆を自分ですって生呉にし、煮て、漉して、固めて、豆腐にする。恐ろしく手間のかかるスローフードだった豆腐。年に一度しか食べられないご馳走だった豆腐。大豆の味と香りがぎゅっと詰まった硬い豆腐は本当にご馳走だった。布巾を外して切ったまだ温かいかけらを口に頬張った幸せ。あの温かく濃い味と香りは作った人間にしかわからない幸せな味だった。

 

Photo_20210706122105

 

 最近はどのスーパーでも手軽に手に入るのでそれほどありがたさは感じないが、本来の豆腐はすごいご馳走だったのだと昔の事を描いてみた。大人たちが共同で動き回って豆腐作りに夢中になる。お正月前のウキウキした気分も相まって、妙に楽しかった記憶がある。
 多分ものすごく寒かったのだと思うが、立ち昇る煙や湯気や熱気の方が記憶に残っている。正月にどんな料理にしたのかは記憶になく、作った時にかけらを頬張った美味さだけが残っている。それほど強烈な美味さだった。あれは本当にご馳走だった。

 

Photo_20210706122106

 

 

 

 

2021年7月 1日 (木)

雨の止み間に

Img_6494

 一年の半分が終わる日、テニスも中止になったので雨の止み間を狙ってホームリバーに行った。考えることは皆同じようで、朝8時の駐車場には先行の車が5台も止まっていた。先行者が五人以上もいるのか・・・と暗澹たる気分になるが、まあ仕方がない。
 林道を歩きながらどこから入るか迷う。結局三の橋まで歩いて入渓したが、あまりの渇水に驚いた。平水の半分くらいだろうか。ポイントがほとんどなくなっている。そのまま釣り上がるが、全く反応がない。四の橋までに全く魚は反応しなかった。

 

Img_6480

 

Img_6485

 午前中は全く魚の姿を見ないで終わった。これはボウズか・・とイヤな予感が浮かぶ。天気は曇りでポツポツ小雨が降るような釣りにはいい天気なのだが、とにかく水が少ない。
 下流に歩いて下り、ニノ橋から再入渓する。いつものポイントが渇水のせいで釣りにならない。足早に上流に遡行する。ここでやっと岩魚が出た。ありがたやありがたや、これでボウズを免れた。
 丁寧にポイントを攻めるのだが魚が出ない。走る魚もない。渇水して先行者がいては、さすがにこの川でも難しい。

Img_6488

 

Img_6492

 三の橋までに三尾の岩魚が出てくれて今日の釣りは終わり。脱渓して林道を下る足の重いこと。上から下まで折り返して・・よくまあ一日歩いた。渓畔林の緑に癒される帰り道、巨大な天然ヒノキを発見した。すごい木があったものだ。緑を濃くした山肌にポツリポツリと真っ白く枝を広げているのはヤマボウシだ。この時期だけの存在感がすごい。
 途中で20匹くらいのサルの集団に遭遇した。人間を怖がるでもなく悠々と移動して行くサルの群れ。自然が豊かな山だと今更ながらに感心した。まあ、彼らの庭で遊ばせてもらってる訳だからこちらが遠慮しなければいけないのは間違いない。

 

Img_6495

 

Img_6497

 午後3時、駐車場に戻ると車が一台になっていた。みなさん釣れなかったようで早上がりだ。こういう日もあるさ。

 

 

 

 

2021年6月12日 (土)

桧木内川支流で釣り

Dcf00035

 秋田二日目はいつもの桧木内川支流で釣りをした。朝から気温は高いが曇っている。朝食後コンビニで昼のお握りと飲み物、釣り券を買う。いつもの川に到着したのは8時半だった。
 もう何年この川に通っているだろうか・・。毎年この川で魚と遊ばせてもらっている。尺ヤマメも釣ったし、尺イワナも釣った。大雨に降られたこともあるし、熊に遭ったこともある。あきもせずに毎年ここに通うのは、ここでは必ず魚の顔を拝めるからだ。

 

Dcf00030

 いつもの栗の木の下に車を止めて身支度を整える。この川では熊に遭ったことがあるので腰にナガサを装着する。この川には慣れているはずなのだが、緊張するのは熊に遭ったせいなのだろう。川に入ると水が少ない。石がヌルで滑るので慎重に遡行する。
 すぐに岩魚が釣れた。今まで釣れたことがなかった場所だったので嬉しかった。これでボウズがなくなった。しかし、その後が続かない。うんともすんとも反応がなくなった。渇水のせいか走る影もない。いつもはチビヤマメが群れている淵も魚の影がない。

 

Dcf00032

Dcf00033

 

 木の下の陰で大きなヤマメが釣れた。ここならと狙った場所だったのでこれも嬉しかった。それにしても今日は変だ。いつも出る場所で出ない。大きな淵の横に生えていた大きな柳の木が倒れて淵を塞いでいたり、両側の杉の大木が川に倒れこんでダムのように川を塞いでいたりと川は随分荒れていた。これだけ一年で変わるのはゲリラ豪雨などの影響なのだろうか。

 

Dcf00040

Dcf00043

Dcf00052
 
 いつもと違う川に戸惑いながらも脱渓点までに8尾の型揃いの魚に遊んでもらったので大満足だった。最後は28センチの岩魚で締められたのでまあ良かった。ヤマメもイワナも型が良かったのが不思議だ。なんかいつもと違う雰囲気だったけど、なんとか型を見たので良しとしたい。

 

 

 

 

 

2021年6月11日 (金)

阿仁川支流で釣り

Img_6397

 朝6時に温泉に入り、着替えてコンビニに行く。飲み物とお握りを買い、すぐに阿仁川支流を目指して走る。気温がどんどん上がって行く。今日も暑くなりそうだ。
 いつも車を止めてる場所が立ち入り禁止になっていたので、下流の養蜂箱スペースに車を止める。日影なのでありがたい。ゆっくり身支度して下流へと歩く。下流まで道路を歩いて入渓し、釣り上がれば車の近くで脱渓できるという計算だ。

 

Img_6398

Img_6415

 川は平水。相変わらず渓畔林の綺麗な川だ。緑の天井が高い高い。サワグルミ、カツラ、ミズナラなどの高木がアーチのように天井を覆っている。林床にはシダが斜面の形に生えていて美しい。
 竿を出してすぐに岩魚が釣れた。今日も魚の機嫌が良さそうだ。大きな淵にたくさんの魚影が見える。手前に落とした毛鉤に大きな影がスッと近づくとパクリとくわえた。合わせるとすごい手応え。バシャバシャ暴れるのを寄せると28センチはあろうかという岩魚。これには痺れた。
 

Img_6400 

Img_6402

 
 その後も順調に釣れて、12尾まで数えた時だった。不注意でカメラを水に落としてしまった。防水ではないので写真はこれ以上撮れなくなった。これには落ち込んだ。
 でも携帯のカメラがあるじゃないかと気持ちを切り替え、釣り再開。釣った魚はリリースするので魚の写真だけが釣りの記録であり、楽しみなので携帯カメラに後を託す。それにしても、これで何台カメラを水没させてしまったことか・・・3台かな。またカミさんに怒られそうだ。
 

Dcf00025

 
 涼しい渓流で予定より早く脱渓点に到着。魚は20以上釣れたので最後は数えていなかった。脱渓点でいい型の岩魚が出たのでいいきっかけになった。今日は水没カメラ以外言うことのない釣りだった。綺麗な川で綺麗な魚と遊ぶのは本当に楽しい。

Dcf00021

2021年6月10日 (木)

秋田に来ている

Img_6368

 朝4時半に家を出て東北道をひた走り、4時半に西木のクリオンに到着した。それにしても今日は暑かった。途中の山形で念願の渓流に入り、涼みながら釣りをした。渓流は涼しく、風も爽やかで素晴らしい釣りができた。まあ、四時間だけの釣りでも魚が出てくれれば大満足。ヤマメが1尾、岩魚が9尾。久しぶりの手応えに大満足の釣りだった。四時間でツ抜け出来たので、予定よりも早く脱渓して秋田に来た。

 

Img_6363

 

Img_6385

 

Img_6387

 

Img_6383  

 釣りをしている間は涼しくて天国にいるような時間だったが、脱渓して車に乗ったら地獄の暑さに参った。クーラーをかけるのだが、窓を閉め切ると車内に濡れた衣服が乾くまでの嫌な匂いが充満するので、窓を開けて走る。クーラーは必然的に効きが悪い。いやあ、暑かった。
 

Img_6391

 
 今日はクリオンに泊まり、明日は阿仁川の支流、明後日は桧木内川の支流を釣る。毎年恒例の秋田釣り三昧。本当は一人でひっそりと釣りをして帰るのがいいのだが、年に二回の事なので多少は勘弁してもらう。今回は地元の人を交えての宴会はなし。仲間内だけの釣り旅になる。

 

 

 

2021年6月 6日 (日)

ソリ遊びをアップ

Photo_20210606101601

 瀬音ホームページの山里の記憶コーナーに「ソリ遊び」をアップした。子供の頃、冬になると谷底の通学路にみんなで水を撒いて凍らせ、百メートルほどのソリ滑りコースを作った。ソリも自分で作り大いにソリ遊びを楽しんだ。今でいうリュージュのコースのようなもので、急坂・カーブ・ジャンプスポットと変化に富んでいて挑戦するのも楽しいコースだった。みんなで競ってスリルとスピードを楽しんだ。
 

Photo_20210606101604

 

Photo_20210606101603

 
 自分なりのソリを作り、自分の力で操縦して、出来なかったことが出来るようになる達成感も味わった。子供時代のことだから大した事はしていなかったけれど、当時は大変な冒険をしている気分だった。上手く滑れた時の達成感はすごくて病みつきになるのが自分でも分かった。
 色々当時の事を思い出して絵に描いてみたが、かなり美化しているような気がする。もっともっと汚くて、必死で、混乱していたように思う。
 

Photo_20210606101607

 

Photo_20210606101605

 
 寒い冬の楽しみは少なく、このソリ遊びは冬の輝く遊びだった。考えてみると昔は本当に寒かった。川も凍っていたし、谷底の日が当たらないソリコースは、雪が積もると春まで溶けないような寒さだった。ろくな防寒装備もないのに、鼻水を垂らしながら夢中にソリ遊びをしていた子ども時代の思い出は寒い中の熱い戦いだった。
 スリルの向こう側にある自分の成長などという難しいことは今にして思うことで、その時は毎回滑るごとに失敗していたように思う。工夫して自分で考え、修正し、出来るようになる。これは、ソリ遊びを通じて学んだ事かもしれない。そう考えると、子供の遊びに無駄な事はないように思う。
 

Photo_20210606101606

 

Photo_20210606101602

 
 冬のソリ遊び、夏の魚獲り、秘密基地作りや陣取り合戦などなど、昔の子供の遊びはみんなでやるものが多かった。それだけ子供の数も多かったし、楽しかった。縄張り争いもあったし、石投げ合戦のように危険なことも多かった。それでも、そんな遊びの中で子供たちはやって良い事と悪いことを自ら学び、社会性を育てて来たのだと思う。
 昭和の時代は良かったなどとここで書くつもりはないが、良い環境で育ったものだと思う。生まれる子供は親や時代を選べない。だからこそ、自分が生まれて育った環境が豊かだったことに感謝したいと思う。

 

 

 

 

2021年5月29日 (土)

エコルマ・アンサンブルコンサート

Img_6350

 5月29日、狛江駅前のエコルマホールで行われたアンサンブルコンサートを鑑賞した。内容はハープの長澤真澄とピアノの川口成彦のヂュオ・リサイタル。
 ハープ奏者の長澤真澄さんはオランダ・アムステルダム在住で現在アートリヒト音楽院の教授をしている。主にオランダで演奏活動をしているが、狛江出身という事でこのエコルマ・アンサンブルコンサートに招聘されたもの。

Img_6354

 実は池袋の行きつけの店で長澤真澄さんと出会い、店のミニコンサートで2mの至近距離でハープの演奏を聴いたのが去年の事だった。とにかく繊細な音色に衝撃を受け、演奏会をやる事があったら行きたいと言っていたのが実現した。その日、私のアマビエカードをえらく気に入ってくれた長澤さんは32種類全部をオランダに持っていくと言ってくれた。そんな事も嬉しかった出会いだった。

 

 カミさんと二人で狛江まで車で走り、会場に到着。コロナ対策をしっかりして入場する。狛江駅は初めてだったので、こんな立派なホールが駅前にあるなんてびっくりしてしまった。

Img_6355

Img_6356

Img_6357

Img_6358

 ハープとピアノのヂュオ演奏はとても珍しいそうだが、長澤さん曰く「本当は相性がいいのよ」とのこと。始まった演奏は最初から衝撃的だった。全くピアノに負けないエラールのハープ。音色が絡み合いより深い音になって会場に響く。前半4曲。休憩を挟んで後半に5曲の長丁場を一糸乱れずアンサンブルを響かせる。素晴らしい演奏に酔いしれた。エリーゼのために、埴生の宿、結婚行進曲など素人の私でも分かる楽曲も含まれていて本当に楽しかった。
 それにしてアコーティックはいい。音響機材のないコンサートは人間の呼吸が伝わってくるのがいい。いいものを聴かせてもらった。ちなみにホール内の写真は休憩時間中に長澤さんがハープの調律をしているところ。お客さんがみんな並んで写真を撮っていた。

 

 夕焼けの都内を走り、今家に帰ってきた。優雅な気分でこれから酒を飲む予定。

 

 

 

 

2021年5月25日 (火)

深大寺

Img_6261

 蕎麦で有名な深大寺に行って来た。家から車で50分という近さにあるのに、一度も行ったことがないとカミさんに言われ、新緑と蕎麦を目的に出かけた。車で行けば多くの人と接触する事もないし、県境を跨ぐ事もないしという言い訳を考えてのミニ旅だった。
 

Img_6265

 
 それにしても暑かった。走り出してすぐに車内気温は三十一度。冷房をかけてのドライブになった。爽やかどころの話ではない。時間通りに到着し、有料駐車場に駐車。800円なりを支払う。
 すぐに参道で山門が現れる。境内に入り本堂に参拝する。境内に面白い木があった。「なんじゃもんじゃ」の名札が付いている。ある植物学者が名前を聞かれてわからず「なんじゃもんじゃの木じゃ」とごまかしたという説話が残っている。正式にはヒトツバタコの木という。真っ白い花が咲くクスノキ科の木だ。
 境内にもう一つ面白い木がある。ムクロジの大木だ。ちょうど実をつける時期で、木の下に何個か実が落ちていた。この実の中の黒い種がお正月の羽根突きの羽の頭につく黒い玉だ。何個か拾ったので持ち帰り、乾燥させて種を使って何か作って見ようと思う。
 

Img_6266

Img_6274

Img_6275

 
 参拝を終えて昼時になったので目的の深大寺蕎麦を食べる。門前という店が門前にあったので入り、天盛りを注文する。カミさんは三種盛りを頼んだ。開け放って風がよく通る店内でしばらく待つ。黒く細い蕎麦は噛み応えありで美味い。食べている時に深大寺の鐘が鳴った。何度も鳴るお寺の鐘の音を聴きながら食べる蕎麦は格別なものだった。味の方は、個人的には秩父の蕎麦の方が美味いかな・・という感じがした。カミさんの食べきれない分を横取りして満腹のお昼になった。

 

Img_6282

Img_6287

 満腹のお腹を消化しようと植物園に向かう。植物園に行くのを楽しみにしていたのだが、なんとコロナ対策で休園中だった。これにはガッカリした。まあ、都立の施設だし仕方ないのだが、バラ園のバラは見たかったなあ。離れたところにある水生植物園も休園中だった。
 水音が涼しい緑の道をゆっくり散策・回遊し深大寺に戻る。境内にある鐘楼を見る。昼に蕎麦を食べている時に鳴っていた鐘が目の前にある。大晦日のゆく年来る年で鳴っていたあの鐘だ。

 

Img_6292

Img_6299

 旧庫裏(くり)の軒下に古い農具が置かれていた。民族博物館にでもあるようなものが普通に置かれていてびっくりしてしまった。鋤(すき)、石臼、ツル、網鍬、振り馬鍬(まんが)、大鍋、大釜などなどが普通に置かれている。特に振り馬鍬は驚いた。昔むかし、我が家にあったものと同じものだった。使い方の難しい農具で子供には危険な鍬だった。旧庫裏の建物内にはさぞ古い貴重なものがたくさんあるのだろう。素晴らしい事だ。

 

Img_6304

 最後にお札を買って帰る。深大寺といえばこの元三大師降魔札だ。よく見かける鬼の札で、コロナ予防にも使えそうだ。

Img_6305

2021年5月17日 (月)

切り干し芋をアップ

Photo_20210517150901

 瀬音ホームページの山里の記憶コーナーに「切り干し芋」をアップした。子供の頃、切り干しと言えば大根ではなくて切り干し芋の事だった。切り干し芋作りは晩秋の晴れた日に家族総出で行う一大イベントだった。
 芋を井戸水で洗い、かまどの大釜で茹でる。茹でた芋をスライサーで薄く切り、庭に広げたムシロの並べて干す。夕方まで干した芋はムシロを畳んで取り込み、翌日晴れたら広げて更に干す。これを何日も繰り返し、乾燥したら二階に取り込み、棚で熟成乾燥させる。正月のお飾りで使い、その後は好きな時に食べるおやつになる。
 

Photo_20210517151004

 

Photo_20210517151003

 
 干している途中でつまみ食いするのは内緒で、見つかると怒られた。腹っぺらしの子供にとって、目の前に食えるものがあるのに我慢するのはしんどい事で、我慢できずに盗み食いをしたものだった。バレていたとは思うが、まあ大目に見てもらっていたようだ。
 出来上がって白く粉(こ)が吹いた干し芋はねっとりと甘く美味かった。多分、子供時代だけで一生分の干し芋を食べてしまったようで、今ではあまり食欲の湧かないものの一つになっている。
 

Photo_20210517151001

 
 なぜか切り干し芋というとスライサーが思い出されて絵に描いた。この野菜スライサーはかなり古いものだったと思う。大きな丸い刃が回転して野菜を同じ厚さにスライスしてくれる。刃が回転する様が面白くて遊ぶように使っていたが、考えてみると危険な作業だったと思う。よく切れる刃だったから間違えると指や手など簡単に切れていただろう。よく事故もなく使っていたものだ。
 考えてみると他にも大きな刃物を使うことも多かった。実際に使わないと危なさはわからない。子供の時に刃物の危なさを体験しているから、大きな刃物も安全に使いこなす事が出来たのだと思う。
 

Photo_20210517151002

 
 サツマイモは料理に使う事はなく、蒸かしたり焼いたりしてそのまま食べた。主食ではなかったが、よく食べるものの一つだった。学校のお弁当に持って行ったりもした。干し芋は手がかかっている分だけ美味く感じたが、いっぱい食べると胸焼けがして困ったものだった。
 干し芋は作って食べるものではなく、買って食べるものになってしまった。値段も安い。作る時の手間を考えると本当に安いと思うが、あまり手が伸びる事はない。やはり、一生分を子供時代に食べてしまったからだろう。

 

 

 

 

«山菜が来た